ホームページ・ブログ集客でSNSをどう活用するか?

ホームページやブログを上位表示させるために、SEO対策を頑張ったり、ブログのキーワードやタイトルを工夫して、検索結果の順位を上げることに注力している不動産会社が多くなっています。

ホームページやブログを、より多くの人の目に触れることができれば、集客効果は高くなります。そのためにフェイスブックやツイッター、インスタグラムなどを活用するもう一手があります。実際にどう活用すればよいのでしょうか?

SNSはホームページやブログ集客を補佐。過大な期待は禁物

ブログなどのコンテンツを活用すれば、自社の努力だけである程度は広めることができます。上手に活用するには、少し高くて厚い「壁」を乗り越える必要があります。

SNSのコンテンツは、基本的に次の範囲に広がります。
・自社の関係者(社員、家族、知人、友人、取引先など)
・自社ブログの読者(定期的に読みに来る固定客)
・自社のSNSのフォロワー(TwitterやFacebook、インスタグラムなど)

これをすべて足した分が大体の「ホームページのアクセス数」になります。ただし、知人や取引先、フォロワーなどは必ず記事を読みに来るわけではありません。そのため、予想よりも少ないアクセス数で終わることが多いです。

近年、SNSは趣味や興味深いモノ以外のビジネスで活用することが以前より効果が少なくなったと言われています。だからSNSの効果に対して過大な期待は禁物です。

SNSを活用してホームページやブログのアクセス数を増やす

もちろん、面白いコンテンツならSNSなどで拡散され、自然にアクセスが多くなります。よく耳にする「バズ」です。でもビジネスでバズに近い現象を意図的に起こすことは批判されることもありますので、慎重に発信しましょう。

上記で申し上げたように、SNSでは過大な期待をしないで、とにかく「ホームページのアクセス数」を増やすことが最重要です。SNSを活用することで発言するたびに届く範囲が広がり、結果的に多くの人の目に触れることができるます。

では、SNSを活用してアクセス数を増やすには、どうすればよいのでしょうか?

SNSで拡散するには、最低でも1、2年はかかる

まずは「友達」を増やすことです。そうすれば、発言が届く範囲も広がります。そのためにはまず、SNSなどで「絡む」相手を増やすことです。「絡む」とは、互いの発言に反応したり、より積極的に返信したりすることです。

ただし、企業アカウントで誰彼構わずに絡むのは逆効果です。基本的に、自分の発言に対して絡んでくれたアカウントに反応することから始めましょう。自分に興味を持ってくれた相手だからです。

ブログにコメントをくれた人にコメントを返したり、SNSで反応してくれた人の発言をシェアしたり、さらにコメントを返したりするのです。

そうすることで少しずつ「このアカウントは反応してくれる」と認識され、他のアカウントからも絡んでもらえるようになります。そこから少しずつフォロワーが増えていき、結果的には「発言の届く範囲」が広がるのです。

それには最低でも1年、2年の時間は必要になります。その辺のことも考えて、社内でよく検討して利用するかどうかを決めていけば良いでしょう。絶対に無理は禁物です。途中で止めるくらいなら最初からやらないほうが良いからです。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward