ホームページの目的は知名度を上げること

不動産会社の方に「ホームページの目的は?」とお聞きすると、多くの方は「集客」「反響」「成客」「売上」と答えてくださいます。たしかにそれは間違いでははありません。

でも、人が集まらないホームページでその目的を達成することはできません。ホームページにたくさんの人を集めることを「ホームページ集客」と言います。まずはここからはじめましょう。

検索に強いブログを使えば、有料広告以上の効果が得られます

前回の記事で、「あなたのホームページなんて誰も知らない」と失礼なことを書きました。そして検索に強いブログを活用しましょう。と説明しました。

本当にそうなんです。検索に強いブログはポータルサイトやリスティング広告よりはるかに効果があります。だから大手企業はこぞってコンテンツマーケティングをやっています。

ブログは長い時間ネットで検索され続けるから自社の資産になる

ブログの記事は自身で削除しない限りネット上に長く残ります。FacebookやTwitter、Instagramではこうはいきません。そもそも発信したそれらのコンテンツはほとんど検索されません。

その点、ブログは長くネット上に残り検索され続けます。あなたが苦労して書いたブログはネット上で資産になります。つまり、あなたの『労働が財産』になったことを意味します。

今日更新したブログは何年も先までネット上に残り続けます。

ブログの記事が増えると検索の引出しが増えて多くの人に知ってもらえる

1記事でキーワード検索の引き出しが1つと仮定すれば、1000記事発信すると1000個のキーワード検索の引き出しができます。恐らく1記事で3から5個の引き出しができるはずです。3000、5000記事と増やせば、もはや近隣のどんな同業者でも、キーワード検索であなたには追いつけません。

ホームページでは地元で1番の有名店になります。そうなれば、あなたは毎日更新しなくても、週に1記事か月に2、3記事を更新するだけでも安定して集客できます。

冒頭のようにホームページで「集客」「反響」「成客」「売上」したいなら、まずはブログでたくさんの記事を発信して、多くの人にキーワード検索されて、地元の有名店になることから始めましょう。

ブログ経由でホームページ訪問者が増え問合せが入ります。これをコンバージョンと言う

こうして1年、2年、3年とブログを更新していくと、たくさんのホームページ訪問者がブログ経由でやってきます。

月に5000人の訪問者で月間10000ページビュー(1万PV)のホームページになれば、月に6、7人が問合せして4、5人は成約するはずです。ブログの威力はポータルサイトなどとは比較にならないほど強いからです。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward