サブスクって何? ドリームXはサブスク(定額制)です

近頃、サブスクという言葉をよく耳にしますね。一体サブスクとはどう言う意味で、どんなモノがあるのでしょうか?

サブスクとは

サブスクという言葉をよく耳にします。サブスクリプションサービスの略称です。

じゃあサブスクリプションサービスって何?
サブスクリプションサービスとは「定額制」と言う意味です。毎月(毎年・定期的に)定額課金で提供されたサービスに定額の利用料を支払うサービスのことを言います。

通常のサブスクは初期費用や解約期間縛り、解約手数料などは発生しないサービスです。

分かりやすい例では、アマゾンプライムやNetflix、Huluなどです。最近は次々と新しいサブスクサービスが増えています。

ドリームXはサブスク(毎月定額制)です

ドリームXも毎月定額制のサブスクサービスです。支払いはクレジットカード(PayPal)で毎月定額支払いも可能なサービスです。

サブスクを利用する側のメリットとして、利用者は利用料が固定しているので安心で、いつでも利用を解除できる点にあります。サービスを提供する事業者側も軌道に乗るまで多少の時間を要しますが、軌道に乗れば安定した経営ができます。

ドリームワンの場合も、当初毎月定額制を採用して軌道に乗るまでは3年以上の時間がかかりました。ドリームXは初期費用や期間縛りはありません。

月単位で解約も快適です。止める時も気持ち良くお止め頂くことがドリームワンのモットーです。

賃貸管理はサブスクに似ている

賃貸管理業務も毎月家賃を集金して数パーセントの管理費を徴収しています。管理戸数が増えることで管理収入が増えます。

そう言う意味では、賃貸管理の家賃集金代行はサブスクリプションサービスです。不動産会社が安定経営を目指して毎月定額の収入を得るビジネスを目指したいものですね。


私の経験ですが、賃貸物件を1室・月1000円の管理収入でスタートしました。賃貸管理業務が10年後には、毎月700万円、年間8000万円を超える管理収入になりました。

会社は管理収入だけで軌道に乗ることができました。しかし会社が軌道に乗り黒字経営にたどり着くまでの3年間は赤字でした。

サブスクのデメリットは収入が安定するまでは3年から5年を要することです。でも一度黒字に転じたら、その後は右肩上がりで安定経営をすることができます。不動産会社で賃貸管理はサブスク経営によく似ています。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問してインターネットを活用した自社ホームページ集客 成功の法則を見つけました。ドリームワンは2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」と集客のノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。この手法を活用すれば、一人社長の不動産店でも地元で知名度1番のホームページの運営が可能になります。ドリームワンは小さな不動産店でもホームページで知名度を上げるノウハウを蓄積してきました。ドリームX導入して6か月以上で導入会社が8割以上が月間3千ページビュー(PV)を達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するブログ、メルマガが好評です。ぜひお読みください。ホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はドリームXを活用してホームページ集客をお勧めします。ドリームXは1週間無料で体験できます。ホームページ運営が楽しくなる操作や使い勝手に驚いていただけるはずです。お気軽にお試しください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

お問い合わせ

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward