独立開業店に立ち塞がるホームページ集客の厚い壁をブチ抜く方法

先日、コロナ禍で開業した社長様とお話する機会がございました。

「ホームページをスタートして3ヶ月、やっとホームページを見たお客様が来店・成約しました」

ホームページスタートして3ヶ月で月間3千PV。直後に来店者が

コロナ禍で独立して開業3ヶ月の会社様です。社長一人が連日孤独と戦っています。

コツコツとブログを書き続けて、アクセス数のグラフを見ながらブログネタを考える日々でした。やはり最初は知名度がありませんのでアクセス数は伸びません。

1ヶ月が経っても、月間1000PVにも到達しませんでした。覚悟していた独立でしたが、先々のことを考えると不安でたまりません。そんな日々が続きました。

ある日、ブログで「ウッドショック」「木材の高騰」「住宅ローン破綻と任意売却」を記事にしました。すると時勢に乗って日に100PV、300PVとアクセス数が急騰しました。

2ヶ月が経過して、月間2500PV(ページビュー)を達成しました。ポータルサイトなどの広告は一切利用していません。そして3ヶ月が経過して月間3000PVを超えました。

最初に一人のお客様がご来店されました。残念ながら成約には至りませんでした。しかし直後にもう一人のお客様から問合せが入り、来店、内見、成約とトントン拍子で決まりました。

インターネットで集客するにはコツコツとPVを増やす以外に方法はありません。ブログの記事をしっかり書き続けることで来月、再来月と反響と来店者を増やすことができると社長様は実感したそうです。

孤独と戦う経営者

会社経営は孤独との戦いです。特に一人社長なら尚更です。でも一人社長という特色を活かして自由にブログを書いて、物件調査ができるのも一人社長のメリットでもあります。

要はサボるのも、頑張るのも自分で決めることができる強みで仕事をすれば良いのです。そうしていることでブログネタが転がっているかもしれません。

お店でパソコンの前でネットサーフィンをしている時間があれば、パソコンやスマホでブログを更新するのが良いです。

3ヶ月、月間3000PVは通過点にすぎない

コツコツとブログを発信して、月間5000PV、10000PVへと数字を増やしていけば問合せや反響は増えるはずです。そうなれば毎月安定的に反響や成約ができるようになります。

一人社長なら、従業員の人件費の心配も入りません。

ホームページのページビューは積み重ねなので、続ければ増えます。停止すれば減ります。だから走り続けると効果が拡大します。

カフェやファミレス、自宅でもブログは書けます。常に前進あるのみです。


この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward