親切な店、不親切な店。あなたならどっちへ行く?

物件の所在地や住所、物件名を表示すると、お客さんはお腹がいっぱいになって来店しなくなるから教えないという風潮、時代がありました。でもあなたがやらなければ、近所のライバル店が必ずやります。やれば親切な店、やらなければ不親切な店と思われます。あなたは親切なお店と不親切なお店のどちらを選びますか?

不動産会社のブログやホームページなら、物件写真や間取図を必ず入れるはずです。また、建物や室内だけでなく。周辺環境の写真も入れるでしょう。物件の所在地をGoogle MapsやGoogleストリートビューで表示することもできます。

伝える情報は文字や文章だけではない

文字や文章は誰にも作成しやすいものですが、情報を完全に伝えるには、文字や文章だけでは足りない部分が多くあります。読んでいる文章に1枚に写真を入れるだけで、立ち止まってくれることもあります。また図やグラフにすることで、読者が知りたいことを再確認させることもあります。さらに、写真やグラフ・図などを挿入することで、その記事の内容をより理解を深めてくれることもあります。

他社のWebサイトでも、文章で長々と説明されても興味を抱かせなかったり、途中で離脱させることもあります。そこにたった1枚の画像や図面があることにより、「おやっ」だったり「なるほど」だったりと読者に共感を与えることがあります。

コンテンツを作成するときには、文章だけに固執せず、さまざまな方法を考えましょう。
コンテンツを作成する側ではなく、コンテンツを受け取る側、ユーザーの立場になれば、どの方法ならコンテンツが伝わりやすいかが、実感できます。

親切な店、不親切な店。あなたならどっちへ行く?

ブログは文章で記事を作成すると思っている人は多いです。しかし、インターネットによる伝達方法には、文章以外にいろいろな形があります。

物件紹介だけでなく、不動産に関係がある税金の説明には表やグラフを多用するでしょう。表やグラフも、できるだけ必要な部分がわかりやすくなるように工夫できます。

税金の説明には正確な表が必要ですが、不動産部分のみを抜き出すと便利になります。また、サラリーマンと兼業の場合など、解説ごとに必要な部分を抜き出すという方法もあります。グラフなら必要な部分を強調するなど、できるだけわかりやすくなるように手を加えてみましょう。

イラストを描くのは大変ですが、グラフならExcelで作ることができます。写真や動画も、スマートフォンで撮影するようなものでかまいません。

近くにあるスポットを説明するには、写真や説明文の他に、YouTubeで見つけた施設の公式動画にリンクすると親切です。お店の公式Webサイトやローカルテレビ局のホームページなどにリンクしても、面白い情報があるかもしれません。

1枚の写真や画像があるだけで、最後まで記事を読む人がいる

インターネットは誰でも気軽にアクセスできます。それがネットの良さだからです。たった1枚の写真や画像があるだけで、ブログの記事を最後まで読む人が多いということをご存知なら、その手間を省く手はないはずです。

情報を適切に伝えられれば、文章という形にこだわる必要はありません。よりわかりやすくすることを考えて、いろいろな方法を模索してみましょう。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問してインターネットを活用した自社ホームページ集客 成功の法則を見つけました。ドリームワンは2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」と集客のノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。この手法を活用すれば、一人社長の不動産店でも地元で知名度1番のホームページの運営が可能になります。ドリームワンは小さな不動産店でもホームページで知名度を上げるノウハウを蓄積してきました。ドリームX導入して6か月以上で導入会社が8割以上が月間3千ページビュー(PV)を達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するブログ、メルマガが好評です。ぜひお読みください。ホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はドリームXを活用してホームページ集客をお勧めします。ドリームXは1週間無料で体験できます。ホームページ運営が楽しくなる操作や使い勝手に驚いていただけるはずです。お気軽にお試しください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward