「売り込む」と嫌われ、「笑顔で聞くだけで」売れるのはなぜ?

時代がガラリと変わりました。営業しても売れなくなりました。むしろ売り込むほどお客さんは逃げていきます。不思議な時代です。

この方法は私が実際にやってみて上手くいった方法です。もしご興味がございましたら手法の一つとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

売り込みはしない。お客さんに寄り添う。耳を傾ける

ウソかと思われるかもしれませんがウソではありません。本当なんです。今は売り込まなければ売れる時代になったからです。


私はブログを利用して不動産会社がホームページ集客で困っていること、悩んでいることを4年半発信してきました。基本的に弊社商品のドリームXを売り込むことはしませんでした。

そしてお客んさんに役立つ資料やパンフレットをダウンロードしてもらう方法でメールアドレスを取得し見込客をリスト化しました。そのリストにメルマガを配信しました。


見込客にブログとメルマガで不動産会社の困っていること、悩んでいることに寄り添い、耳を傾け、記事を発信しました。


試行錯誤しながらやったので、軌道に乗るまで2年かかりました。でもブログを活用すれば1年で上手くいく可能性は高いです。

とにかく相手にしゃべらせる。こちらは笑顔で聞いて頷くだけ

ドリームワンは2016年から出張営業や訪問デモは廃止しました。やがて月に数本のメールや電話で相談をいただくようになりました。

とにかく、見込客に喋らせることに手法を変えました。特に電話での相談では、私はほとんど喋ることをやめました。

そもそも。私は営業一筋にやってきたので喋るのは大得意でしたが、時代の変化を感じていたからです。徹底的に相手に喋らせて、徹底的に聞いてうなずくことに徹しました。

するとどうでしょう?  どんどん成約するのです。こっちは全然売り込みしなくても成約します。お客さんに聞くと「ブログとメルマガでいつも会っているから」と成約理由です。

悩みを喋らせる。笑顔で受け止める。解決法を共に考える

コロナの時代でお客さんを来店させるのが難しくても、電話やメールで会話はできます。この手法は今の時代はむしろ最強です。コロナの影響も関係ありません。

メールなら、いつでもどこでも対応できます。しかし電話の場合は店内にいれば問題ありませんが、不在にするときは必ず携帯へ転送することは忘れないでください。

営業や接客が苦手な不動産会社の方でも、ブログやメール、電話を活用したマーケティングをやればリモートワークやテレワークでも不動産業ができます。


今こそ、やり方を変えるチャンスです。相手に喋らせ、笑顔で聞くことなら、あなたにもできるはずです。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward