Vol.136 ブログを拡散するためにSNSをうまく使う

ブログへの訪問者を増やすにはSNSで拡散すると効果がある、という説明をしてきました。しかし、どのSNSでどう振る舞うかは、なかなか難しいものです。

ブログを広めるには、SNSで拡散してもらう

現在のところ、広告費ゼロでブログを一人でも多くの人に読んでもらうために効果的な方法は2つです。

・検索結果で上位に表示されるか、

・SNSで拡散されるかのどちらかです。


そのブログが役に立つ、面白いと思った人がSNSでブログへのリンクをシェアします。すると、シェアしたユーザーのフォロワーから何人かがそれを見て、訪問してくれます。

そこでも評価されると、さらに拡散され、別なフォロワーに広がります。それを繰り返すことで、SNSでシェアされるとブログへのアクセスが増えるのです。

これを「拡散」と言います。拡散が大規模になり、流行と言えるほどになると「バズ」と呼ばれます。

SNSにはそれぞれ特徴がある

 町の不動産会社ではSNSに全く対応していないところもあるか、またはアカウントは持っているけど上手く利用できていません。これからはできる限り対応したほうが良いでしょう。

ブログへのアクセスを狙うためには、代表的なSNSであるTwitterとFacebookに対応しておくといいでしょう。どちらもユーザーが多く、ビジネスにつながる機会も多いものです。


FacebookとTwitter、どちらかでもかまいません。Facebookは長文を載せることもでき、公式Webサイトの代わりにもなります。会社のイメージが強く、ビジネスライクになります。Twitterは短文で、担当者の色が出やすく、気軽にユーザーへの対応ができます。

Instagramはファッション関係で使われているイメージがありますが、URLのリンクは使えませんがハッシュタグという#の後に単語を付け加えると同じハッシュタグの記事と共有されます。街の不動産会社でも、自社の扱う面白い間取り図などを載せて話題にする、という使い方もできます。

SNSとブログを誰がどう担当するか

SNSのアカウントを作成する前に、どんなイメージでの発言が多くするのか、どのような話題で発言するのか、戦略を練り、その戦略にしたがって運用しましょう。また、発言のイメージに合わせて利用するSNSを決めましょう。

SNSでは、主に自社ブログやWebサイトの補強を行います。たとえば次のような内容です。
・ブログの更新通知
・ブログやニュースがシェアされたことに感謝のコメント
・自社に関係するニュースをシェアする
・自社のブログやSNSへのシェアをさらにシェアする

砕けた雰囲気の企業公式アカウントが話題になることもありますが、これは加減がとても難しいものです。企業公式アカウントでやるなら、SNSをよく知った担当者がいる場合に限られます。

基本的にブログと連動した内容になるので、担当者はブログチームのリーダーなど、ブログの内容をよく知っている人が良いでしょう。SNSに慣れた別な担当者に任せる場合は、ブログチームとの情報共有が必要です。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward