Vol.137 動画をうまく使うと、幅広い年代を集められる

最近は、さまざまな企業がPRに動画を使ったり、YouTuberが若者に人気になったりしています。動画を使うと、非常に効果的にPRができるのです。

動画は説明をわかりやすくする

全国規模の大手企業のCMならともかく、ローカルな中小企業のホームページで動画を入れる必要はないと思われるかもしれません。
しかし、内容をわかりやすく説明するのには動画はとても効果的です。

カフェに訪問したときの動画は、わかりやすく店の雰囲気を伝えることができます。ショッピングモールなど大きな施設や、遊園地など動きのある施設の紹介にも、動画はとても有効です。

会計処理や法律の説明なども、パワーポイントのスライドやExcel画面の操作を録画したような動画にすると、わかりやすく説明できます。

動画は案外作りやすい

動画を作るというのは、それほど大変ではありません。

カフェなどでの撮影は、出演する係と撮影する係がいれば大丈夫です。機材は本格的なものでなくても大丈夫です。最近のスマートフォンは高性能なカメラがついているので、充分使えるでしょう。仕事用のコンパクトカメラでもOKです。

PCの操作を解説する動画は、スタッフが出演することもないので、もっと気楽に作れます。画面を録画できるソフトをインストールすれば操作のプロセスを動画で残すことができるので、あとから解説を入れればいいのです。
解説記事の動画は、パワーポイントなどのスライドを順に流して動画にします。解説は音声やテロップで入れます。

作成した動画は、YouTubeに企業名のチャンネルを作って、そこにアップロードします。そこからブログやホームページにリンクすると、ほとんどの環境で見ることができます。
YouTubeのチャンネルには、自社の簡単な紹介文や、企業ブログやホームページのURLを書いておきましょう。チャンネル登録のお願いも必須です。

ブログに動画を入れるとアクセスが増える

動画を入れると、説明がよりわかりやすくなります。それによって、読者が増えてアクセスも増えます。

また、YouTubeで動画を見つけた人が、ブログやホームページを見に来てくれることもあります。動画が新たな流入元になり、アクセスを増やすのです。
簡単に作成できるものからでいいので、試してみてください。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward