2020年02月21日
ドリームX

新しい画像編集機能について

ドリームX内のブログや物件等で使用されていた、既存の画像編集機能に不具合が多いため、現在修正作業を行っております。その作業の目処が立ちましたのでご案内いたします。

今回は、既存の機能を差し替えて、新しい画像編集機能へのアップデートを行う形になりました。

アップデート日は来週の2/26(水)を予定しております。

その画像編集機能の使い方の説明について、下記に記述致します。

1.画像の切り取り

主に画像のいらない部分を切り取る場合などに使用します。

デフォルトの「カスタム」の場合はご自身で範囲を指定し、切り取ることができます。

そのほかの正方形や3:2,4:3などのアス比固定で切り取ることも可能です。

範囲を指定したら、下側にある「適用」を押せば完了です。

2.画像の反転

画像を左右もしくは上下に反転させます。

あまり使用することはないとは思いますが、気軽に反転させることができます。

3.画像の回転

画像の角度を調節することができます。

物件等の画像が傾いていたりした場合、この角度ゲージで調節してから、

上記の「画像の切り取り」で切り取ってみてください。

4.ペン描き

画像上にペンで描けるような機能です。

書き方は2種類あり、「フリー」ではマウス操作そのまま描くことができます。

「直線」では、クリックしたところからクリックしたところまで線が引かれるので、

直線を引きたい場合などに使用してください。線を一度クリックし選択してから色を変えることで、

色が変更されます。

5.図形の挿入

四角形・円形・三角形の3つの図形を、自由な大きさで配置できます。

背景色のみ、もしくは線だけの図形にすることも可能です。

線の太さの変更は可能です。

6.アイコンの挿入

矢印・星・六角形・ハートや吹き出し等を追加することができます。

もちろん大きさや色の変更も可能です。

7.テキストの挿入

画像上にテキストを挿入できます。

太文字・斜体・下線の装飾が可能で、文章量によっては左寄せ・中央寄せ・右寄せを適用できます。

文字サイズは下部のゲージで調節してください。

8.画像の合成

画像合成のような機能です。

会社のロゴを置いたりして自社物件だということを強調したり、

外観写真の上に内観写真を何枚かちりばめたりなどの使用方法がございます。

9.フィルター

画像の明るさやモノクロ・ノイズを適用できます。

「グレースケール」にチェックをつけることでモノクロ写真になります。

「明るさ」にチェックしゲージを調節することで画像の明度を変更できます。

「ノイズ」では画像に対してノイズが入り、ザラザラ感のエフェクトがつきます。

戻る・進む・削除ボタン

画面左下にて、上記の画像のようなアイコンが並んでおります。

左から順にご説明していきます。

【戻るボタン】

何か作業を行った場合に、戻ることが可能です。

【進むボタン】

何か作業を行い、上記の戻るボタンを押した際に押すことが可能で、

やり直したことを無かったことにできます。

【リフレッシュボタン】

全ての作業情報をなくし、元の画像に戻します。

初期化のようなものなので、押す場合はお気をつけてください。

【ゴミ箱ボタン】

図形やアイコンなどを追加しており、その図形等をクリックして選択している時に使用でき、その選択したものを削除できます。

【ゴミ箱ボタン(ALL)】

図形やアイコン等の追加を行っていた場合、全て削除します。

以上、簡単な新しい画像編集の説明でした。

 

この度は画像編集機能にて不具合が起きてしまい、大変申し訳ございません。

取り急ぎ、2/26(水)にて上記新画像編集機能を実装いたしますので、

お手数おかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

arrow_upward