Vol.140.オンラインだけでなく、アナログな社員とも連動しよう

ブログの作成が順調に進んでも、社内にはまだまだアナログ派のスタッフも多いはずです。アナログ派には、ブログはなんの効果もないのでしょうか?

ブログに集中するとブログに注力しがち

ブログの作成が進み、ある程度のアクセスを獲得したら、ブログ作成者は自然とブログに力を入れてしまいます。

その頃には、記事を作成するために他の仕事を少しだけ減らしたり、記事のネタを探したりして、いつもブログのことを気にかけるようになっているでしょう。

ブログのアクセスが増えると、社内や取引先からもブログを話題にする人がいたり、直接・間接に褒められたりもします。ちょっとした社内のスター気分です。

アナログ派の社員の反発を買うこともある

しかし、社内にはまだまだアナログ派の社員も多いでしょう。そういう人たちは、話題についていけなくて不快かもしれません。

しかし、アナログ派の人々にブログを教えようとしても、デジタル機器が苦手な人はとことん苦手という意識が強いので、拒否されてしまうことも多いです。無理強いすれば、さらに反感を買ってしまいます。

ブログ作成チームが過剰にもてはやされていると思った人たちからの反感を買うこともあります。ブログ作成チームにいないけれど営業成績は上げている、という社員から「目立つばかりで利益を上げていない」などと言われることもあるかもしれません。

業界や仕事内容に関わらず、目立つ仕事をしていると、そのようなリスクもあるものです。

アナログ派の社員の理解を得て味方につける

そういう社員とは正面から対決せず、ブログ作成チームに取り込むつもりで、応援してもらいましょう。

たとえば、ブログの記事にするための取材をしてみましょう。彼らにインタビューして、彼らの持つ情報をブログの記事にしてみるという方法があります。

もう少し協力的なら、外回りの仕事のときに「代わりにインタビューやブログの取材のための根回しをお願いする」という方法もあります。遠方の支社なら、ブログのネタを送ってもらいましょう。FAXでかまいません。


作成した記事には彼ら宛に感謝のメッセージを入れておきます。これは、本人たちに「名前を出していいか、ニックネームならいいか」を確認してからにしましょう。

少しでも関わると、これまで悪いイメージだったものが良いイメージに変わるというのはよくあることです。ブログ作成チーム以外の社員やスタッフも、ブログに良いイメージを持ってもらえるように努力し、会社全体を巻き込んでいきましょう。
この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward