モノで集客するか? 人間性で集客するか?

不動産屋は不動産を売ったり、買ったり、貸したり、借りたり、管理を必要とする人に関わる商売です。だから不動産というモノが介在します。

でもモノが少なく、モノへの需要が多い時はモノが足りないので価格は高騰します。つい最近のマスクやトイレットペーパーのように。

でも時間とともにモノが供給されてくると、あんなに買えなかった一箱50個入りで3000円のマスクでも売れません。それは不動産業も同様です。

同業者に嫌われても、お客に好かれる。それが差別化

多くの不動産会社はホームページで物件(モノ)を紹介して集客しようとしています。でもどの不動産屋も同じ物件を紹介するのでお客さんにはモノの違いが分かりません。

ホームページで物件を紹介するのが当たり前になった今。一つの空室を数百、数千のサイトで競争します。宝くじに当たるより難しいです。

不動産屋はお客さんにただひたすらホームページで物件を紹介しています。でもお客さんはそんな不動産を羅列したホームページを見向きしていません。

それでも不動産屋は物件を紹介します。他に方法が分からないからです。

一人社長が自宅兼事務所で年収2000万円を稼ぐこともできる

自宅兼事務所の一人社長の不動産屋Aはブログで「不動産で失敗しない契約法」や「怪しい不動産屋の見分け方」などを記事にしました。なのでA社は近隣の同業者から嫌われていました。

でもA社には全国の不動産オーナーや購入者、売却希望者から相談や売却の依頼が殺到しました。今、近隣のことで精一杯で他の地域からの依頼者の相談は全て断りました。

今では、A社長が扱える案件だけで年収2000万円超えになりました。経営がとても安定しています。一人社長の会社ならコレで十分です。

それでもA社長は人を増やさないと言います。理由は社長と同じような対応が他のスタッフではできないからだと言います。従業員との人間関係で悩むこともありません。

コレこそ一人社長の経営です。規模が大きくなれば間違い無く精度が落ちることを社長は知っているのです。

モノで集客できないなら、人柄で集客する

いかにもお金をかけたキレイなホームページを持っているのに『集客できない』と相談が増えています。お客さんはキレイなホームページに集まる訳ではありません。

お客さんが欲しいのはホームページの中身です、コンテンツです。お役立ち情報や、お店の特徴や他社との違いです。

これに気付いた不動産屋は間違いなく生き残ることができます。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward