ブログは書き直すと効果があるのに、どうして誰もやらないのか?

ブログは3年、5年と続けると文章やSEOのことを考えるようになります。ブログを書き続けて、発信し続けると知らないうちに書き方は上達しています。だから今になって古いブログを書き直すとブログを蘇らすことができます。

初めてブログに出会う人は古い記事より最新の記事が多い

不動産会社のブログに出会う人の多くは最新の記事を読みたがります。本や書籍を読むときにも同様です。最新の本や書籍の方がトレンドという意識があります。その方が得したような気にもなるから不思議です。

人はどうしても最新の記事が、今の時代の流れにピントが合っていると考えてしまうからです。「最新の記事=イイ記事」という錯覚になりがちです。

それともう一つは

ブログは書くほど上達する。過去の記事より新しい記事が良質で検索されやすい

ブログを長く書いて、たくさんの記事を発信することで筆者も記事の書き方や読者を意識した的確な記事が書けるように上達します。そうです。ブログは記事の数を書けば書くほど上達して、イイ記事になっているのです。

ライターの世界では、一人前に記事が書けるようになるのに3年から5年かかると言われています。それほど文章力やセンスがなくてもある程度の記事数を発信し続けるとイイ記事が書けるようになります。


だから、誰でも2、3年ブログを書いているとブログを書き始めた頃より現在の方が読者に読まれてファンにする内容の記事が書けるようになっているはずです。つまり、過去の記事より最近の新しい記事の方が良質で読みやすく、さらに検索されやすい記事になっているのです。

過去の記事のタイトル、見出し、写真、文章を書き替えて新しい記事に蘇らせる

そうやってブログを振り返ってみると、過去の記事を書き直すこともSEO効果があります。

過去の記事の
1、タイトル(h1)
2、見出し(h2)
3、文章(P)
4、写真やalt(文章の説明文)
を書き換えます。

それをすることで過去の古い記事を新しい記事に蘇らせることができます。これはぜひやって欲しいです。

日付も最新日にして再配信すると上位表示されやすい

上記の内容を書き直したら、ブログの日付も最新日に替えて再配信して下さい。記事のURLは今までと同じですが、新しい記事に生まれ変わりました。

私の経験ですが、上記のことをやるとキーワード検索で上位表示されやすくなります。ブログは常に新しい記事を発信するだけだと思っている方が多いです。


しかし、そんなことばかりではありません。ブログは書き直すことで新しく蘇らすことができます。これはぜひやって欲しいです。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward