ゴールデンウィークを休む不動産会社が増えている理由

最近のゴールデンウィークにちょっとした異変が起きています。都内の青梅街道沿いは多くの自動車販売店がお休みをしていました。さらに駅前では不動産店も休業していました。不動産業界に大きな変化が起きていることを実感しています。豊富なスタッフがいる不動産会社ならそれほど大きな問題ではないかも知れませんが、人手が少ない小さな不動産会社は仕組み化が急務です。

ゴールデンウィークは営業か、休業か?

数年前のゴールデンウィークの自動車販売店は親子連れでいっぱいだったイメージがありました。

それは、私が住んでいる都内の青梅街道沿いを車で走っている時に気づきました。今まではゴールデンウィークに営業していた自動車販売店の多くがお休みしていたのです。まるで自動車販売業界が申し合わせたように、ここもあそこもとお休みしているのです。ポツリとある外車の販売店が営業している以外は。

 
背景にあるのは何かと考えました。

・そもそも自動車購入者が少ない。

・ゴールデンウィークは来店者が少ない。

 ・営業するために人員確保がむずかしい。

 自動車販売店の営業方法も変わったものだと感じました。

 
でも、自動車販売店だけではありません。駅前の不動産会社も例外ではありませんでした。ゴールデンウィークにお休みする不動産会社も増えていると感じました。


・電気が消えて、暗くなっている不動産店。

・入口に「ゴールデンウィーク期間中の休業のお知らせ」の張り紙のお店などさまざまですが、結構休んでいるお店が意外に多くありました。

お客がいないのに、根性で営業する時代ではない

以前よく聞いた不動産会社の社長様のお話です。

「いやあ、近所の不動産屋が休みだからお客を一網打尽にできた」なんて言うウハウハの自慢話。いやですねえ〜。じゃあ今はどうなんでしょうか?

 

今まで飛び込み客が多かった駅前の不動産会社がどうして休んでいるのかと不思議に思いませんか?

この数年、多くの不動産会社を訪問して分かったことですが。

街の不動産会社に飛び込み客が年々少なくなっています。それも信じられないようなスピードで来店客減少が加速しています。飛び込み客が前年の3割、5割、7割減という不動産会社も驚きではありません。


お客の多くは安心できる不動産会社を探して、信頼できる担当者から不動産を紹介して欲しい。そんな不動産会社を見つけて訪問したいと願っています。そういうお客様は、だいたい事前にメールや電話で連絡を取り合って案内予約や担当者の都合を聞いてから来店します。

不動産会社訪問件数が1.4社時代です。2社訪問しない時代です。これからはいかにお客と事前にコミュニケーションが取れるかどうかが課題です。

 

お客がいないのに根性で店を開けておく時代ではありません。そんなことをしていたらお客よりスタッフが先にいなくなってしまいます。

月2000円で安心と信頼を獲得。仕組み化すれば少ない人員で営業

今は昔と違ってお客から不動産会社への連絡手段はたくさんあります。それを有効に利用したいですね。


ご予約の上、ご来店ください。現地待ち合わせも可能です。私の携帯番号は・・・

これって簡単なことですよね。ホームページにある電話番号は携帯へ転送できますので何も問題もありません。そういう仕組みを作っておけば、会社の都合・お客の都合でお店を休むことができるようになります。これをやるから信用がなくなるという時代でもありません。むしろそうした方が信頼が高まります。

むしろ、お客様も突発的なことで来店がキャンセルになったり状況が変わる可能性もあります。お客もお店も双方が安心できる方法を上手く活用しましょう。

時代は大きく変わっています。携帯やスマホ、メールのおかげで、どこにいても連絡が着く時代です。個人の携帯番号を教えるのが嫌なら会社でかけ放題のスマホを1台導入すればすみます。月に2000円位で済みます。「月2000円で手に入れる安心と信頼」です。

 
仕組み化することはむずかしいことではなく、お客や不動産会社のスタッフの不満や不都合を改善することから考えれば良いのです。その不満や不都合はお客だけではありません。つまり従業員にも同じことが言えます。



大手不動産会社ではない、小さな不動産会社だからできる生き残るための仕組み化です。日頃から、ブログなどのオウンドメディアでコンテンツを発信して、「当社はこんなお店」とお客様と繋がっている仕組みを作りましょう。

 
ドリームワンのお得意様の不動産会社で

・ブログでお客様とイイ関係を作り、

・事前に入居希望者に部屋の鍵を渡したり、

・事前に現地の解除収納ボックスの解除番号を教えて

・不動産会社が案内をしない不動産会社があります。

・内見前に携帯で連絡を取り合い、内見終了後は携帯から終了報告をする。

・その際に、電気のブレーカーや鍵閉めの確認をする。

今まで事故は起きていないと言います。

 
その会社様は休みが多く、営業も9時30分から17時30です。アイデアを仕組み化すればいろんな生き残り方法が見つかります。

 

上手くいくかどうか、やってみなければ分からないと言うなら、長期の休みになる前、つまり今こそ試験、実験をしてみれば良いです。休みに入ってからやろうなんて言うことが土台無理なんです。

 

お客よりスタッフの方が宝ですから。

ホームページ集客で相談したい

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward