9割が現地待合せとメール対応を希望。不動産店舗が不要になった

不動産会社の中にはコロナで経営が苦しくなったという声を耳にします。一方でコロナで今まで以上に成約・売上額増えたと言う不動産会社もあります。

商売の良し悪しをコロナのせいにしても、永久に誰かが助けてくれることはありません。やはり自力で這い上がるしかありません。

みんなコロナで萎縮しているけど不動産は動いている。チャンス?

やはり不動産業界は全般的には不景気になっているのかも知れません。それでも全国的にみても不動産価格は大きく下落していません。

ドリームXのお得意様の状況も6月以降は例年の繁忙期並み、いや例年以上に問合せ・反響が多くなっています。コロナの影響を受けながらですからスゴイです。

人にウィルスは感染しても不動産には感染しません。3月、4月、5月は動こうにも動けなかった人々が6月以降にドッと動き始めたからです。そういうお客さんを集客しました。

さらに9月から東京や首都圏の大学が開校します。引越しできなかった新入生が動き始めています。これから夏にかけてかなり期待できます。

コロナ不況でありながらある意味ビッグチャンスの到来です。落ち込んでいる場合ではありません。積極的に攻めていきましょう。

問合せの9割は現地待合せ、やり取りはメールで非接触営業・非対面接客

現在、ドリームワンのお得意様の問合せ・反響の約9割は「現地待ち合わせ」「連絡はメールで」です。これなら不動産屋は自社店舗は不要と言う感じです。

さらに家賃管理や更新業務、契約書・重説作成などの事務作業はほぼリモートで可能です。コロナをきっかけに店や事務所を一度考え直す必要がありそうです。

これからは、いかにして不動産事務所や不動産店舗を減らしたり、狭くすることで経営の効率化、安定を考える時代になりました。

10年後「営業」という業種、「営業マン」が死語になる可能性がある

やっと採用した新卒の社員を営業に配属して、飛び込み営業や顧客訪問をさせるとほぼ全員が退職します。そこで中途採用者や社内の中堅社員の営業をさせます。9割が「営業をするために入社したんじゃない」と退職してしまいます。

かつては会社の花形だった営業マン。大企業でも営業マンは嫌われる業種になりました。

これからの会社は、いかに営業をしなくても成果を上げることが課題になります。そんなことができるのかと思われるかも知れませんが、コロナの影響で今ならそれができる状況がそろってしまいました。

もしかして10年後は「営業」と言う業種がなくなり、「営業マン」と言う言葉が死語になるかもしれません。そんな時代がそこまでやってきています。そうなると営業をしなくても契約、受託できる仕組みを作ることが急務になります。


ドリームワンが2015年に一切の訪問営業と出張デモを廃止しました。さらに2019年には会場を借りて集客して行う勉強会やセミナーも一切やめました。

コロナを予測していない訳ではありませんが今に思えば無謀な行動でした。「もうそんな時代ではない」と感じたからです。でも大丈夫、むしろ経営は上手くいくという確信がありました。

それに併せて料金体系や社内システムの自動化などの仕組みを再構築しました。そのせいで当社の3年こそ大変でしたが、今は営業担当者がいなくても以前より成約・売上が増やすことができるようになりました。

実際に何をやったかと言うと、『営業はホームページとブログに任せた』ということです。ホームページはお店・事務所、ブログは営業マンの役割分担を明確にしました。

営業しなくても成約ができる流れを作り、売上が達成できる仕組みを作りました。つまりホームページとブログで営業をしなくてもお客さんが勝手にやってくる仕組み化を目指しました。

もう経営不振をコロナのせいにするのは終わりにしましょう。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward