小さな不動産屋の広告費ゼロでコロナ不況を乗り越える方法

新型コロナの影響で世界中が不況への扉を開いた。コロナ不況とも呼ばれて、不況の度合いはリーマンショックをあっさり超えた。

今は未だ政府が財政出動などで何とか持ち堪えてる。しかし世界のその様(さま)と比べると復活するには3年から5年はかかりそうです。

小さな不動産会社はこれからどうやって、コロナ不況を乗り越えていけば良いのでしょうか?

返済の見込みが無い借金はしない

とにかく今以上に借入を増やさないことです。利息は会社の体力と持久力を奪います。

月が変わっても、ゼロスタートではなくマイナススタートになるからです。成約や売上が少ない時にこれは結構辛いものがあります。


またコピー機やパソコンなどの事務機やホームページをリースで購入するのもヤメましょう。家電量販店や中古専門店のモノでも十分に利用できます。しかも現金なので半額以下です。ドリームワン のノートパソコンはパナソニックのレッツノートです。3万円程度で購入しました。


「利息がゼロに近いから借りた方が得、景気が良くなったら返せばイイ」という人がいます。それは大企業のことであって、零細不動産店のことではありません。

借りた金は返さなければいけません。売上が見通せない今は、とにかく限り借金はしないことです。

効果が無い広告は今すぐやめる

不況になると、最初に削減する経費が広告費だそうです。購入意欲がある人がいない時に広告をしても誰も見向きしません。

広告は今すぐにヤメて、経費を節約しましょう。

先日、ご相談があった会社様は4月以降は新規の問い合わせはほとんど無い中で毎月50万円の広告費を払い続けていると言っていました。これはもったいないというより「無駄」です。ムダは今すぐヤメましょう。

それだけでも家賃や光熱費などに当てられるはずです。

自社ホームページ内にブログを置いてブログで人を集める

コロナ不況の今、集客はホームページとブログに任せましょう。自社ホームページ内にブログを設置して、ブログ経由で自社ホームページへ集客するのです。

これはドリームワン のお得意様の多くが成功している手法です。広告費も不要です。とても効果的です。

重要なことは、ブログを自社ホームページと同じドメイン(URL)で運用することです。キーワード検索に強いブログのパワーを借りることで、自社ホームページが上位表示されるようになります。


それほど難しいことではありませんのでぜひやって欲しいです。コロナ不況と言われて数ヶ月になりますが、この不況は当分続きます。今よりもっと酷い状態になりそうです。

ぜひお早めにスタートしてみてはいかがですか?

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward