ホームページを1ヶ月やったけど反響が無かったので・・やめます

「ホームページを1ヶ月やったけど反響が無かったので、ドリームXやめます」
このようにしてドリームXを解約する不動産会社は初めてのではありません。ホームページをスタートして1ヶ月でやめると解約することは1年か2年に1度くらいあります。

今回の解約理由は「ドリームXでホームページをスタートした。1ヶ月経ったけど反響がなかったからやめる」というのが今回の解約理由でした。

こういう事例は・・・うーん、そうですねたまにあります。

やめるにはいろいろ理由や事情があります。ドリームワンとしては、たとえ1ヶ月という短い期間でも気持ち良く解約できるように手続きに応じています。

やめる理由はいろいろあれど、快適にやめられることが大切

ホームページをスタート直後、1、2ヶ月でドリームXを解約をする会社様がたまにあります。その会社様には、いろいろな事情もあることでしょう。仕方のないことです。


でも大丈夫、ご安心ください。ドリームXなら理由や事情が何であれ、快適にやめることができます。

この快適でスムーズな解約ができるのもドリームワンが大切にしている経営ポリシーです。解約するには解約申請書に記載していただいて、お送りいただければできます。

たとえ1ヶ月と短い利用期間でも、ドリームXはスマホのような期間縛りや解約ペナルティーのようなものはございません。

ドメインの移管がスムーズにで行えるように移管先へご協力します

ホームページを解約する場合、ドメインの移管手続きがあります。基本的には従来の預かり元と今後の移管先が協力してやります。面倒なことはありません。

従来利用していたドメインは、別のシステムでホームページを利用する際に新しいシステム会社に移管が必要があります。新しいシステム会社とのやり取りになりますが、この移管作業も新しいシステム会社ですぐに利用できるように、スムーズに協力して行います。

ドリームXは解約する場合は心配は不要です。

自己都合の解約は、気持ち良く解約させてあげる

これもたまにあることですが、不動産会社がドリームXを利用するために弊社へ移管する際に、誰とは言いませんが、なかなか移管させてくれないシステム会社があります。

期間縛りや解約するとペナルティーを処す会社に多いようです。

理由は良く分かりませんが、その会社はなぜか移管には非協力的です。考え方は人それぞれですが、解約も気持ち良くさせてあげることも大切だと思っています。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward