2020年の夏。不動産業は繁忙期に突入

ホームページで物件をメインで紹介する不動産会社には分からないかもしれませんが2020年夏、不動産業界に繁忙期がやってきました。

8月というのに、問合せ・反響が増えてきた不動産業界。不動産オーナーや入居者、購入者の間では繁忙期が到来しています。お盆に夏休みを取るかどうか悩んでいる不動産会社もあるくらいです。

旅行業や飲食店が壊滅的な状況にありながら、6月頃から不動産業界はこの数年間で最も活況を呈しています。災害やコロナ渦中にありながら、怖いくらいです。

繁忙期は不動産屋が自力で作るモノ

「コロナでこれからどうなるかと思ったけど、今はコロナ前より問合せ・反響が多くなっている」と地方の不動産会社A社長。

なんだかんだ言っても、衣食住の住は人々の生活に欠かせない要素です。贅沢しなくても快適に生活したい気持ちは誰も持っています。

旅行やお店での飲食は控えることで、自宅で快適に過ごすことが今は重要なことになっています。だから、この際に引越ししようという動きが活発になりました。

『旅や飲み会を抑えて、その代わりに引越しを』になっているように思います。特に地域施設や地域イベント、不動産のお役立ちブログを発信する会社は地元で断トツで集客しています。

顧客は、安心して信頼できる不動産会社を探しています。顧客の要望やニーズにマッチした不動産会社はこれからも成長が期待できそうです。

Googleは不動産屋の物件紹介よりブログを評価している

さらに不思議な現象として、1人社長の町の小さな不動産屋が大手や中堅クラスの不動産会社を抑えて集客しています。大手や規模がそこそこの不動産会社より、社長が先頭に立って責任を果たす不動産屋が人気のようです。

特に、広告費ゼロで余計な費用をつかわない小さな不動産屋の社長が発信するブログが、広告費を湯水のようにつかう大手や地元の中堅クラスの不動産会社より、Google検索で高く評価されています。本当に面白い時代になりました。

この事実を知っていれば、小さな不動産屋は。自力で繁忙期を作り出すことができます。

ブログは大家さんや入居者・購入者にとって神の声、天の声

なぜ物件を紹介しても集客できないのに、ブログを発信すると集客できるのでしょうか?   答えは簡単です。それは「そういう時代になったからです。」

不動産オーナーの全員が不動産の未来について真剣に考えているか?    困っているか?    悩んできるか?    と言えば、真剣に考えているのはまあ5%位でしょうか。

多くの不動産オーナーは未来・将来に不安があっても、「今はそれほど困っていないから」という不動産オーナーが多いからです。

言い換えれば悩んでいる不動産オーナー5%でこの状況です。今後10%、20%と増えていくことは間違いありません。そうなればブログを発信し続ける小さな不動産屋にもっとチャンスが拡大するはずです。

これからもブログをどんどん発信しましょう。自力で集客して自力で生き残ることができます。


今、不動産会社が発信するブログは不動産オーナーや入居者・購入者にとって神の声、天の声になっています。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward