絶好調社長の報告「コロナで近所の不動産屋は開店休業。今がチャンス」

「コロナの影響で開店休業中の不動産屋が多い、これはチャンスと思ってブログをバンバン発信したところ、問合せや反響がドンドン入ってきた。近所の同業者は元気がない今、ある意味集客のチャンスです」とお得意様の社長様からご報告がございました。

毎日ブログを発信したら、安心して信頼できる不動産屋と思われた

社長様は、コロナ感染が拡大する4月、不動産業向けではありませんが、某ZOOMセミナーで『ネット集客はブログが一番効果的』と言われたそうです。社長様は早速翌日からブログを発信しました。

2週間後、売却や購入の相談メールや電話が入り始めました。

「どうしてウチに」とお客様に聞くと「不動産会社の多くがコロナの影響で営業しているかどうか分からない状態になっていた。毎日ブログを発信する御社が、近所で安心して信頼できる不動産会社に思ったから」ということでした。

店内の灯りは消えて誰もいない。店頭にはスマホの連絡先が

今コロナの影響で開店休業のような不動産会社は多くなりました。店内の電気が消えて、店頭の窓ガラスにスマホの連絡先を貼り付けている。

「どうぜお客はやって来ないから」と諦めているようです。せめてホームページだけでも毎日更新くらいやれば良いのに、それもしない。

いつまでその営業スタイルを貫くつもりでしょうか? 果たしてそれで良いのでしょうか? 先行きが心配になります。

近隣他社が開店休業している間に、ブログで集客せよ

こんな時に、物件を紹介しても効果もありません。こういう時はブログを発信することです。「毎日元気に営業していますよ」とアピールする様に。

近所の同業者が開店休業で何もしない今こそ、ブログを毎日発信するだけで、Googleは評価します。

大きな希望を持って飛び込んだ道です。これからもいろいろな障害があるかもしれません。このコロナでいつまでもウジウジしていないで前を向いて前進しましょう。

ほんの少し気持ちと行動を変えるだけで大きな成果がありますよ。きっと!

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward