ブログをスラスラ書く方法2 - 見出しは箇条書きの要領で作る

ブログの記事数が200、300と増えてくると、いろんなキーワードでブログが検索されるようになります。グーグルがブログの記事を評価している結果です。

記事数が増えて、多くの方から読まれるブログをグーグルが評価します。せっかく、いいブログを書いてもグーグルに評価される書き方ができていないと悲しいですね。

実はブログがGoogleに評価されるためには、タイトルと見出しが特に重要なのです。そのタイトルと見出しはどうしたらよいでしょうか?

見出しは箇条書きにする

最初に見出しを3つ(たまに4つ)考えます。各見出しは約30字前後にします。


下記はストーリー仕立ての記事の例です。

見出し1:気になることを紹介する見出し。

見出し2:上記の気になることを具体的にする見出し(深掘りします)

見出し3:結果、結論でまとめます。

見出しは「章」です。


最初のうちは、SEOのことは考えなくても大丈夫です。発信後に見出しを書き換えることも問題はありません。むしろ、そのほうが良い場合もあります。

 近頃のグーグルの検索ロボットは極めて優秀で記事(文章)の中を理解してキーワードを探してくれます。あまり気にしないで見出しは箇条書きの要領で考えてください。

ブログの記事の内容はダラダラ書いても読まれない

ブログの記事は大切です。でも、書いたブログが読まれるかどうかは書き方にも左右されます。

例えばスマホの場合は基本的にスクロールしながら読みます。

スクロールされる前のブログの表示が重要です。つまり「タイトル」と「リード文」(大まかな要約)が重要です。

パソコンの場合は「タイトル」「リード文」すべての「見出し」
が重要になります。

今は8割以上9割近くの人がスマホ利用者です。だからスマホ利用者を意識したブログの書き方が重要になります。

タイトルと見出しは検索されやすいように設定する

必ずやって欲しいことがあります。それは

・タイトルには<h1>
・リード文には<description>
・見出しには<h2>
のタグを設置してください。

利用しているブログ機能にリード文の<description>や、タイトルの<h1>、見出しの<h2>タグを設定する必要があれば必ず行ってください。(ドリームXは自動的に設定されます)

新聞を読む要領と同じなのです

タイトルとリード文、見出しを見て記事を読むかどうかを決める行動は、新聞や本を手にした時と同じです。

グーグルは日頃の私たちの行動を検索結果に反映しています。

各タグを設定することで、グーグルの検索ロボットにタイトル、リード文、見出しと認識してもらうために必要な行動です。

このタグを入れるだけで、ページビューが増えます。

ページビューが増えるとグーグルは検索結果で評価するようになります。

結果的に知名度が高いホームページになるのです。

ぜひ、ブログには各タグを設定してみてください。

(ドリームXは自動的にタグが設定されます)

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ブログ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward