不動産会社は何か月分の現金を保有しているか?

先日の朝のテレビ番組で、日本企業は何か月分の現金を保有しているか?を放映していました。医療機関や宿泊施設、外食飲食店舗に比べて不動産業は多少は現金を保有しているようです。

「年内は何とか持ちこたえそう」という状況のようです。果たして不動産業界はこれからどうなってしまうのでしょうか?

株価では判断できない日本経済

コロナと消費増税の影響でGDPがリーマンショック以上に落ち込んでいるという発表がありました。それでも日本の株価は上昇しています。

私は株のことはよく分かりませんが、年金機構は株価を買い支えるために年金基金などを連日投入しているという噂もあります。

でも日本経済はそんなに良くないことは肌で感じます。私自身は消費を抑えていますし欲しいものがあっても「我慢しよう」という気持ちが強くなっています。


飲食店に入れば、ソーシャルディスタンスでテーブルやイスの並びが2/3ほどになりスカスカ状態です。それでも店内は空席が目立ちます。誰が見ても「これじゃあ、商売はやっていけないよな」と思います。


仮に満席状態で利益が3割あったとします。客数が7割で収支はトントンです。

それ以下の客数の現状では、満席でトントンが精一杯です。最盛時の半分以下の客数ではいつになっても赤字が続きます。

ここから抜け出すには単価を上げるしかないのですが、こんな状態で値上げはできるはずもありません。

いくら財政出動や金融緩和などの経済対策をしても、コロナが収束しない限り限界はあるでしょう。経済は株価では判断できないほどかなり深刻です。

テレワークの普及や大学生のオンライン授業で賃貸はどうなるか

政府は企業にテレワークを推進しています。現在多くのの大学もオンライン授業を継続しています。

通学のためのアパートマンションはムダになりました。今後は大学生向けの賃貸は現在より需要は減ることになります。

企業のオフィス需要も数年で変わりそうです。社員が一堂に集まる必要性が薄れます。

ドリームワンのオフィスは今年の7月に新たに3年間の契約を更新しました。これから次の更新まで3年あります。

今後の状況次第ですが、次回の更新までの3年の間に、オフィスの移転を視野に入れています。理由は状況や世の中の変化によって柔軟な経営を目指したいからです。

今こそ、新たな経営スタイルを確立するビッグチャンス

新型コロナは人に感染してウィルスは人の体内で生き続けます。そして人から人へ感染します。

人が集まり、付着したウィルスや飛沫から感染します。残念ですが人が集まることや人と対面することが感染リスクです。

どんなに早くワクチンが完成しても、治験が万全でないワクチンはコロナウイルス以上に“危険な毒”になることだってあるかもしれない。またインフルエンザのように毎年予防接種するようになる可能性もあります。

借りたお金は必ず返さなければならない。返せるアテがあるかどうか?

今は非常事態なので金融機関に頭を下げれば、簡単に借入が可能です。でも借りたお金は返さなければなりません。どんどん借入を増やしても返済の見込がなければ、やがて行き詰まります。そうなる前に今やっておかなければならないことがあります。

そんな中で、企業が生き残っていくために、経営スタイルを変える必要があります。それは営業しなくても、対面して接客しなくても、成約・契約までできて、売上を上げる仕組みを作る以外に方法はありません。

今からその方法を作り上げたいですね。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward