一時的にドカンと売上があるより、安定した右肩上がりがイイ

不動産会社の社長様からよく聞く話があります。それは一時的にドッカーンと大きな契約で多額の収益があったという景気の良い話です。

でもその後、その社長は元気がなくなり、会社も苦しい経営をしていました。

一時的にドカンと売上があっても、続かないと大変なことに

長いあいだ商売をやっていると時にはドカンと大きな成約があり、多額の代金を手に入れることがあります。それがその後の会社や社長を苦しめることになることがあります。

いっときドカンと成果が出るのは突然の出来事のように思いがちですが、実はその前にいろんな準備をしていた結果だったりすることが多いからです。

 

だいたいドカンと売上があるときは、事前に広告をしたり、従業員を増やたり、売上を増やす前の数ヶ月前から経費をかけて準備をしています。

短期で売上が増えると、人件費や広告費も増えている

1年後、多額な納税でさらに苦しむ

短期で売上が増えると気付かないうちに経費が増えているものです。成約になって売上が増えると、それに伴う人件費、広告費、サポートや渉外が生じます。

実はこれが意外に厄介な場合があります。広告費であればヤメてしまえば済みますが、雇用などの人件費に関わるものであれば、人を簡単に辞めさせる訳にはいかないからです。

あらかじめ大きな成約を予測をしていて、計画的に準備をしていたのであれば起きない問題だったかもしれません。

このようにドカンと大きな売上があった場合は翌年の納税に備えておかなければいけません。売上後の入金で、大きな投資をしてしまうと資金が回らず、黒字なのにお金がないと云うような大変なことになる場合があります。

継続的な小さな売上の積み重ねであれば、翌年の納税などで大きな心配はありませんが。小さくても安定した右肩上がりが良い理由です。

大きな売上の後で高級車を購入したり、これなら返済ができると思い込み、更に借入をして支店を出店したり、勢い余って従業員を増やしたりすることなります。それ自体は悪いことではありませんが、安定した経営を継続するには緻密な計算が必要です。


まずは足元をしっかり固めて、持続的に安定した売上と収入が得られる仕組みを作ることが大事です。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問してインターネットを活用した自社ホームページ集客 成功の法則を見つけました。ドリームワンは小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」と集客のノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。この手法を活用すれば、一人社長の不動産店でも地元で知名度1番のホームページの運営が可能になります。ドリームワンは小さな不動産店でもホームページで知名度を上げるノウハウを蓄積してきました。ドリームX導入して6か月以上で導入会社が8割以上が月間3千ページビュー(PV)を達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するブログが好評です。ホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はドリームXを活用してブログ集客することをお勧めします。ドリームXは1週間無料で体験できます。ホームページ運営が楽しくなる操作や使い勝手の良さに驚いていただけるはずです。お気軽にお試しください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward