地元でキラキラ輝き続ける不動産会社になるには

今は駅前の有名店や地元の老舗不動産会社ほどホームページで集客ができない場合が多いです。原因は多額の借金や従業員の経費負担で苦しんでいる。

その影響でホームページを運営する従業員がいないこと、自社ホームページに適切な金額を投資できないからです。

むしろ、駅から15分も離れた小さな不動産会社や社長一人の零細店が無借金と身軽さを武器に黒字経営をしている場合があります。

空室に悩む大家さんが探しているのは、やる気あふれる地元の零細店

コロナの影響に関係なく、賃貸アパートマンションは空室率が高くなっています。2033年には30%を越えると予測しています。(野村総研調査)

日本の賃貸物件の3分の1は空き家になる予測です。2030年なんてもうすぐです。これは恐ろしい数字です。

今も、いつまで経っても空室が埋まらない大家さんはヤキモチを通り越して、眠れない日々を過ごしています。信頼していた管理会社やお付き合いが深かった不動産会社に愛想を尽かしはじめています。

こんなに悩むなら、ホームページやブログでやる気溢れる、駅から離れているけど元気そうな一人社長の不動産会社へ菓子折りでも持って相談に行こうと考えています。

空室で困っている大家さんに寄り添い、一緒に歩む姿勢こそ大事

上記のように賃貸住宅の空室が増えていくのは、ある意味仕方ないことです。少子高齢化も後押ししています。

日本の経済の仕組み上、建設会社が新築を建て建設資材や関連して重工業、自動車産業、住宅設備機器が生産、販売することで経済や産業が成り立っています。

だからこれからも新築は増え続けます。最後に建築した物件が新築として持てはやされます。でもこれからの不動産の考え方は、新築に頼らない快適は賃貸生活を不動産オーナーに提案することが必要です。

その点を社内のテーマとして、いち早く取り組んだ不動産会社がこれから生き残り成長が期待できます。答えは、大家さんの悩み、困っていることにあります。

大家さんの悩み・困りごとを解消するブログを発信する

大家さんの悩んでいること、困っていることを少しでも小さくして上げ、解消するのが小さな不動産会社の役割です。困っていない大家さんは大手不動産会社や地元の有名店に任せておけばイイのです。

今は空室で困っていない大家さんも、やがて空室で困るようになります。その時の為に今からノウハウを蓄積しておきます。

こういう、顧客が困っていることを解決するやり方で集客して売上を増やすことを”マーケティング”と言います。一軒ずつ電話をかけたり、飛び込み訪問などをする営業とは違います。

ドリームワンもこの方法で、2016年からブログでマーケティングをやっています。新規の導入会社のほぼ100%はブログ経由です。会社も安定しました。

小さな不動産会社にオススメします。効果絶大ですから、ぜひやってみてください。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward