黒字経営者はホームページの費用対効果をどう考えているか?

ホームページの費用対効果はどのように算出するか?

今はインターネットが一番効率の高い集客が可能です。でも中には効果がない広告費に年間数百万円以上払って、首を傾げて腕組みしている社長がたくさんいます。

ホームページの料金の支払いについて事例を上げて、ご紹介します。

問合せ・反響を増やすなら、ブログ記事を増やす

A社はホームページをコツコツ更新し続けて、月間10万PV(ページビュー)を超えました。問合せ・反響、成約なども順調に増えて名実ともに地域1番の有名店になりました。ホームページ訪問者、ページビューが増える毎にサーバー容量を追加してきました。


B社もホームページをコツコツ更新し続けて、月間10万PVを超えていました。B社も地域1番の有名店になりました。しかし、ある頃を境に訪問者数やページビューに少しずつ差が出始めました。


B社はホームページのサーバー容量の上限を決めて物件数やブログの記事数の入力制限しました。原因はいろいろあると思いますが、ホームページはコンテンツの数で訪問者やページビューが増やすことができます。


サーバー容量の上限を決めてしまうと、アクセス数やページビューの伸びが止まってしまいます。これがB社の訪問者数やページビューが増えなくなった理由です。

ホームページ内の中身(コンテンツ)は増えるもの

ホームページをコツコツと運営していればブログなどの記事数は増えます。ブログに大きな写真や画像をたくさん登録するとホームページの容量は増えます。

ドリームワンもクラウドのサーバーに置いたシステムを提供しています。当然サーバー容量を販売するビジネスをしています。だから利用しているドリームXのサーバーの容量が増えると追加料金(月額1GB・1万円)が発生します。

この追加料金を払っていただいている会社様は導入会社全体の3%くらいです。この料金が高いと感じるか、勿体無いと思うかは社長様次第です。

上記で書いたように、問合せ・反響を増やすにはホームページ訪問者とアクセス数(ページビュー)を増やす以外に方法はありません。何年もホームページを運営していれば、ほーうページの中身(コンテンツ)は増えるものです。

ホームページ内のブログは削除しない

せっかく増やしたホームページ内にあるブログの記事や写真は、削除しないことをオススメします。ホームページ内にあるブログはこれから数年後も自社の財産になります。

月間1万PVなど、ある程度のアクセス数になると、その後は記事を増やし続けるだけで、アクセス数は増え続けます。そして問合せ・反響がコンスタントに入るようになります。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward