銀行がお金を貸すのは銀行の都合

融資が受けられたから銀行が評価していると思っている零細企業の社長は多いです。でもそれは大きな錯覚です。

銀行が貸すのは企業への評価ではありません。単に銀行の都合だからです。

銀行の売上はお金を貸すこと。融資した利息で食っている

銀行の仕事は集めたお金を企業や住宅ローンなどで融資して、その利息で経営しています。今も昔も基本的に、銀行は個人に生活費が足りないからといって個人にお金を貸してはくれません。

銀行が貸す場合は、連帯保証人や不動産の抵当権などがあるものに対して融資します。取りっぱぐれがないように予め担保しています。

だから、銀行は企業や住宅ローンなどにお金を貸さないと利息という最大の利益を得ることができません。

でも現在、大企業は設備投資などの借入を敬遠しています。バブル崩壊時に、自己資金不足に陥っても助けてくれなかった悪夢を忘れていないからです。

大企業はコロナ禍にあってもリストラや自己資金で賄おうとしてます。だから、融資先は中小零細企業や住宅購入者に限定されています。銀行も大変なんです。

企業が返済すれば、銀行の売上が減る

銀行の売上は、融資した額になります。融資すればするほど利息が得られ利益が増えます。

一方で、融資先が順調に返済すれば、銀行の売上は減ってしまいます。売上が減れば当然ですが利益も減ります。

順調に返済する融資先は優良顧客です。貸し続けるしかありません。何としても更に融資したいのです。今は昔のように、銀行が夜の接待をすることは少なくなりましたが、ランチを接待したりと融資に必死です。

超低金利時代、貸しまくる銀行も辛いのだ

今は超低金利時代です。更に追い討ちをかけるように新型コロナの影響で企業は青色吐息の状態です。こんな状況で元気のない企業に融資すると貸し倒れの可能性もあります。

今は超低金利だから借入して、景気が良くなったら返済すれば良いと考えている社長様もいますが、零細不動産会社に景気の良い風が吹く保証はありません。

銀行の融資先の選別は銀行の都合だけで決めています。借りた金は返さなければいけません。安易に借入することは危険です。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward