一番稼ぐ営業マンの給料をケチるなんて

「ホームページにお金はかけたくない。勿体無い」と云う不動産会社の社長様は多いです。インターネットでしか集客できない時代なのに、とても悲しくなります。

「ネット集客にお金を掛けたくない」本当にそれでイイですか?

今、そしてこれから街の小さな不動産会社が生き残り、稼ぎ続けるのはインターネットや、それに接続するデバイスなどを効果的に活用する以外に難しい状況です。

新型コロナの影響に関係無く、これから先は店舗や会社がホームページやブログなどに代わり、従業員や営業スタッフが出社するお店や会社が不要になっていくことでしょう。コロナはその流れを少し早めたに過ぎません。

恐らく今後5年から10年の間に、ホームページやブログの役割や価値は今以上に高くなります。いまその準備をせずに、多くの社長様は「ホームページになんてお金を掛けたくない。その時になったら考える」と言います。その考え方こそ、ハッキリ言って手遅れです。

お店や会社がホームページ、宣伝や看板がブログの役割

インターネット上では不動産店舗や会社がホームページです。そのお店を宣伝する広告や看板の役割がブログです。そう置き換えると、少しはお金の掛け方を考え直すのではないのでしょうか?

ホームページがあるだけではお客さんは集まってはきません。不動産会社のホームページはほぼどれも同じものばかりですから無理はありません。

「ここに小さいけど地元に信頼されている良いお店、会社がありますよ」「開店したばかりだけど、地元のことや不動産の専門知識、経験豊富でヤル気満々の社長がいる不動産会社ですよ」と告知しなければ誰もお店の存在や近隣他社との違いが分からないので集客できないのです。


伝えることができれば集客できる。伝えなければ集客できない

あなたのお店の宣伝が必要です。お店の看板だって必要です。何が強みで、どんなことにが得意なのかをネット上で伝えて宣伝したり、看板で告知する役割をするのがブログのです。

つまりインターネット上では、ブログが一番稼ぐ営業マンなのです。その営業マンの給料をケチることは今すぐやめましょう。ホームページやブログにもっと費用をかけて稼いでもらいましょう。

伝えることができれば集客できる。伝えなければ集客できない。ただそれだけです。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward