正解なんて無いのかもネ

時代が刻々と変化して、今やインターネットを活用しないで集客することは不可能になりました。インターネットやホームページ・ブログなどを活用して集客するのに、 何が正解で、どれが間違いなのでしょうか?

ただハッキリ分かっていることは、『ネット上では誰もあなたの会社なんて知らない』ということです。だから今はあの手この手を使っても『知名度アップ』が最重要課題のようです。

駅に降り立って不動産店があれば商売が成り立っていた時代

駅前不動産がもてはやされた20年以上前は、電車を降りて目の前に不動産店があれば商売が成り立っていた時代でした。不動産店は目立つ看板やガラスに貼ったチラシで集客を競っていました。

新規で開業する不動産会社やビルの上階の店舗や駅から遠方の不動産店は、最初から苦戦を強いられていました。古くからやっている老舗や地元の管理会社などには好都合な時代でした。

しかし、インターネットという飛び道具が登場してから、商売の手法がガラリと変わりました。ただネットが普及するまで15年から20年かかりましたので、急速に変化したのはこの数年のことです。

不動産店を訪問するより物件へ直行。店舗が不要になってきた

インターネットの普及で、さらに大きな変化があったことは、物件名や所在地がネット上で分かるようになったことでお客さんが物件へ直行するようになったことです。実際に内見しても契約するかどうか分からないうちは不動産会社を訪問したくないという意識が強くなりました。

言い換えれば、お客さんにとって申込や契約するまでは不動産会社を訪問するのは不要という考えになりました。顧客にとって不動産会社が駅前店舗や好立地な場所であるということは関係ないことになりました。

今では、ネット内見、ネット重説、電子契約が進んでいますので、今後は店舗が不要になることは顕著になるでしょう。

安定した商売をするためには、良い顧客に恵まれる

しかし、いくらインターネットが普及しても商売の根本は変わりません。ネットや電子化を悪用する顧客や不動産会社も登場します。いつの世にもあることですが。

トラブルやクレームが起こると、問題のために起こるストレスなどで作業が停滞することがあります。そうならないためには不動産会社が安定した商売を継続するためには、良い顧客に恵まれること。またお客さん側からすれば、良い不動産会社との出会いが重要になります。

分かり切っていることではありますが、そうなったら一人で悩むことなく、近くの人になるべく早めに相談することです。これがトラブル解消、悩み軽減の治療薬です。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward