悩まずにブログがスラスラ書ける「見出し箇条書き法」

ブログをスラスラ書く方法があります。

この方法を活用すれば、ネタに悩むこともなくブログは20〜30分でスラスラ書けます。

下記のブログの構造をマスターしてください。

悩まずにブログがスラスラ書ける「見出し箇条書き法」
悩まずにブログがスラスラ書ける「見出し箇条書き法」
悩まずにブログがスラスラ書ける「見出し箇条書き法」

ステップ1「見出し」3個を箇条書きにします

最初にやることは

上記の画像をご覧ください。

この形がSEOに効くブログのスタイルです。

覚えてください。

ブログを書くとくに最初にやることは

見出しを3個から4個を箇条書きで決めます。

後で変えることもできますので柔軟に考えて決めましょう。

下記のように3個の箇条書き方法からやってみてください。

各見出しは30字前後で書いてください。

 

その見出しの内容は

見出し1:ブログで紹介したい気になること。

見出し2:上記の気になることを具体的に(もっと詳しく深掘りします)

見出し3:結果、結論でまとめます。

まず、この3個を箇条書きにしてください。

ステップ2 各見出しに沿って忠実に「文章」を書きます

各見出しに沿って文章を書きます。

大切なことは見出しから外れることなく忠実に書くことです。

 

読者は

1)「タイトル」を読んで興味を持てば

2)「リード文」でブログの要約を読みます。

3)期待している内容なら

4)「見出し」を読み

5)文章を読みます。

 

見出しをチラチラ見ながら文章を書くと、かなりいい記事が書けます。

近頃の検索ロボットもそれは判断できると言われています。

ステップ3 ブログの要約を100字程度にまとめて「リード文」にします

次はリード文です。

リード文は「ブログの要約」、つまりブログのまとめです。

最初にリード文を書くより、記事を仕上げた後にまとめると良いリード文になります。

 

「リード文」はブログの記事の後がオススメです。

ステップ4 ふさわしい「写真」を選び、altは必ず入れる

一瞬にして読者の足を止めるのに「写真」は大切です。

ブログの記事にふさわしい「写真」を選びます。

 

写真には必ず「altタグ(代替テキスト)」 を入れてブログの記事と関て連ある紹介文を入れてください。

近頃は地域の公園や施設を探すのに「画像」をキーワード検索する人が増えています。

altはその場合に効果があります。

 

最近は無料で提供されている画像もあります。

ピクサベイ

ぱくたそ

などが便利です。

 

また他人が撮った写真やネット上の写真をパクることはトラブルの元になります。

私にも月に1、2件「相手から請求がされた」と相談があります。

絶対にやめましょう!

ステップ5 「タイトル」は10通りくらい候補を考えて決定する

ブログで一番大切なのが「タイトル」です。

タイトルがつまらなければ、そこで離脱します。

記事を読んでもらえません。

 

だから

1)タイトルには一番多くの時間をかけてください。

2)タイトルは30字前後で書いてください。

3)1つのブログに10個くらいの候補のタイトルを考えます。

 

「ブログタイトルの作り方」を教えるサイトはネット上にたくさんあります。

例:

ブログ記事タイトルのつけ方

など参考にしてください。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward