不動産ホームページ集客ブログ
10:00~17:00
土日祝日
2017年09月10日
フドブロ(不動産ブログ)

ホームページは24時間年中無休の営業マン

「ホームページにはお金をかけたくない」という不動産会社はけっこう多いです。
反面、自社ホームページに年間100万円、200万円と予算を増やす会社も多くなっています。
これからはホームページにどう働いて(活用)もらうか?、これが小さな不動産会社が生き残りのテーマになります。

ホームページは早朝から深夜まで働くタフマンです

ホームページは営業マンです。

大手なら営業マンの採用はむずかしくないかもしれません。

しかし、小さな不動産会社は営業スタッフを採用するのは大変です。

こんな時は社長様の頭を少し切り替えてホームページに営業してもらうことを考えて見ませんか?

インターネットの市場は、早朝でも深夜でも関係なく、あなたの情報を求める顧客がたくさんいます。

小さな不動産会社はホームページにもっと働いて営業してもらいましょう。

ホームページは文句も愚痴も言わない営業マン

ホームページなら24時間365日働いてくれます。

ホームページ内にあるコンテンツが営業マンです。

ホームページは文句を言いません。

ホームページは怠けません。

 

最初の数ヶ月は仕事を覚えてもらう(コンテンツを増やす)必要がありますが

これは営業マン育成のための研修だと思ってください。

近隣他社が気づいていない今、どんどんコンテンツを増やしてください。

社員が作るコンテンツは営業時間内にやってください。

 

時間がない?

1日1記事でも1週間で2記事でもいいです。

焦らずにコツコツ増やしてください。

社員を育てるには時間がかかります。

ホームページに労働基準法は適用されない

ホームページには労働基準法は適用されません。

もし営業時間外に問い合わせがきたら、営業時間内に電話やメールで折返せがいいのです。

年中無休で働くのはホームページです。
あなたではありません。

ホームページ内にいる営業マンはお店のこと、不動産のお役立ちをコンテンツにて訪問者に伝えてください。

あなたの柔らかい頭脳が会社の救世主になります。

このブログはドリームXのコンテンツで書きました
photo

ドリームワンはどんな会社?

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。3千社の不動産会社を訪問で発見した5%の成功会社の手法を仕組み化した「ドリームX」を提供しています。私たちが提唱するホームページの目的は『知名度を上げて大家さん・売主さんからの受託』です。近隣他社と違うやり方で小さな不動産会社が生き残りを目指します。「賃貸管理の委託、売却物件の受託」「ポータルサイトや広告を利用しないホームページ活用」「近隣他社や大手不動産会社と戦わずに勝つ不戦勝経営」をしたいという小さな不動産会社様はお気軽にお問い合わせください。
    arrow_upward