紹介するのはお店とあなた。物件じゃない。最近のネット集客の新常識

最近は物件を紹介しないで集客する不動産会社が増えています。ホントに集客できるのって聞かれます。物件を紹介していた頃より集客できます。その理由とは?

2018年秋、検索の方法が変わりました

今インターネットの検索結果に大きな変化が起きています。ドリームワンの導入会社のアクセス数で判明しました。それは。

物件中心よりブログ中心のホームページの方がGoogleに検索され、アクセス数が多くなり、問合せや反響が増えます。 

 

その原因が、2018年9月頃、Googleは検索結果に大きな変更(アルゴリズムの変更)を行いました。それが同年秋以降に検索結果に反映されるようになりました。反面、ブログが検索結果で上位表示されるようになりました。

 

その結果、数年前から自社ホームページ内でブログをコツコツと発信してきた小さな不動産会社はアクセス数が多くなり、問合せ・来店を増やすようになりました。

 

Googleは2011年に「役立つコンテンツを上位表示する」と提唱しました。それが現実になっています。これが実現するまで実に7年かかりました。

 

今Googleは不動産物件をあまり評価していません。何故なのでしょうか?

一つの空室を、ポータルサイトをはじめ数百、数千の不動産会社がホームページで一斉に紹介します。Googleの検索ロボットからすれば物件名、住所、設備が同じなので『不動産物件は重複コンテンツ』と判断されているのではと推測されます。

つまり、Googleは物件を評価しないのではなく、不動産会社が発信した同一の物件は違いが分からず評価できないからではないでしょうか。重複する不動産物件をGoogleは評価しない。恐らくこれが理由です。

なぜブログがGoogleに評価されるのか?

ブログはコピペしない限り、記事の内容はさまざまです。違いがあります。ブログの記事は重複しないからGoogleが評価しやすいはずです。

 

私の経験ですが、ブログのタイトル、見出し、写真の紹介文、記事の内容が一貫していれば文章が下手でも上位表示してくれます。検索ロボットは記事の中身もかなり深く読んでいます。Googleの検索ロボットの理解力は人間の読解力をはるかに超えています。

ブログはいつまでもネット上に残る。資産になる

さらにブログはネット上に残り続けます。将来まで積立型のネット上で資産になり続けます。

 

不動産会社がブログを真剣にやらない理由は、おそらくこのことをを知らない不動産会社の方が多いからでしょう。ポータルサイトと連動を売りにするホームページ制作会社は導入会社に教えたくないでしょう。それこそ死活問題ですから。

さらに不動産会社のスタッフもブログを書く作業が今より増えると面倒だと思うかもしれません。

でもこの記事を読んだあなたが社長なら、ネットで集客するために今すぐブログを書き始めるはずです。

周辺の同業者が気づいていないうちに先行して引き離すチャンス

でもブログは1記事2記事だけではGoogleは評価してくれません。100記事200記事書いてやっとGoogleが評価し始めます。

 

ブログは書き続けるほど、資産になると説明しました。つまりブログを書くと言うことは「会社の資産を作ること」です。ブログを1記事、2記事と書くたびに貯金箱にお金が貯まって増えていくイメージです、

 

このことに周辺の同業者はまだ気づいていないはずです。今こそ先行して同業者を引き離すチャンスです。

ホームページ活用方法について相談する

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
メルマガ購読(要メールアドレス)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward