ブログ100記事で相談を5件→8件に増やした1語とは?

1語を変えただけで相談が50%増えた方法とは

6カ月かけて実験しました。ブログの問合せフォームから反響を得る方法を見つけました。たった1語の単語を変えただけでブログからの反響率が50%アップしました。

もっと気軽に問合せや質問をして欲しいと模索した

1年前のことです。私が興味あるブログを読んだ時です。

記事の内容に強い興味を抱きました。そのを読み終わり、ふとブログの下に目をやると「お問合せ」「ご質問」のお問合せフォームがありました。

 

その時、問合せはしませんでした。それにはそのフォーム内の「お問合せ」「ご質問」という文言に抵抗があったからです。

人の感情とは不思議なものです。そのとき私は「お問合せ」「ご質問」という文言がなんとなく気になり問合せをしませんでした。ブログ発信者が気にしていなくても、こちらは「いや、今はやめておこう」という気持ちがあるのだとその時に気付きました。

 

それ以降、もっと気軽に問合せをさせる方法はないものかと真剣に考えるようになりました。

ブログの下段の問合せフォームの1語を変えた

私のブログの下にも問合せフォームがあります。(ドリームXの「ブログ」は問合せフォームが自由に作れ、設置できる)

私が書いたブログの問合せフォームから問合せは20記事に1件くらいです。反響率5%です。もっとブログの問合せフォームから「問合せ」「質問」が増えないものかと考えていましたがなかなか思い付きませんでした。

 

昨年の秋に、問合せフォームの単語を1語変えてみました。驚くことに4ヶ月間で問合せフォームからの反響が8%にアップしました。2倍とはなりませんが50%強の反響率が増えました。

お客を安心させて気軽に問合せさせる1語とは?

答えは上記画像のように、

「お問合せ」「ご質問」を「ご相談」に変えました。

ただそれだけです。

 

いろいろと試行錯誤している中で、気付いたことがありました。それは「お問合せ」「ご質問」はこちら側が受けて立つような「上から目線」かもと思いました。

 

「ご相談」は「一緒に考える」フラットな関係ができるのではと考え、やってみました。最初の1カ月は大きな変化はありませんでした。効果が現れたのは2カ月目になってからです。

そして、クリックボタンも「クリック」→「クリックしてメールで相談する」にしたことも効果があったのかもしれません。

 

まだまだ、お客を安心して気軽に問合せさせるには奥が深く、他にもっと効果的な方法があると思います。いろいろやってみてご報告します。

 

チャレンジする気持ちが大切です。何もしなければ何も起こりません。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページについて相談をしたい

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
メルマガ購読(要メールアドレス)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward