アクセス解析で何が分かるの? どんなツールがあるの?

ブログを続けていると、どんな読者がどうやって読みに来ているのかが気になります。

それを知ることができるのがアクセス解析です。アクセス解析のツールをご紹介します。

アクセス解析でわかること 

アクセス解析とは、ホームページやブログへのアクセスを記録・集計・分析することです。アクセス解析をすることで、コメントやシェアに現れない読者の動向を見ることができ、解析することでより読者に好まれる記事を書くことができます。 

アクセス解析を使うと、
次のようなことがある程度わかります。 

・どのページが一番読まれているのか 
・どの地域の読者が多いのか 
・訪問者がどこのWebサイトのリンクから来たのか 
・どういう端末で読まれているのか 
・訪問者はそのページを見たあとどういう行動をとったのか 

ホームページトを使ったマーケティングでは、アクセス解析のデータを見て改善を繰り返し、より効果のあるホームページに修正していきます。アクセス解析はホームページの効率的な運営やWebマーケティングには欠かせないものです。 

おすすめのアクセス解析ツール 

アクセス解析で一番使われているのは「Google Analytics(グーグル・アナリティクス)」です。名前でわかるとおりGoogle製で、無料で利用できます。

Google Analyticsの操作は簡単ではありませんが、非常に高機能でプロもよく使っているツールです。 他社の有料のアクセス解析ツールもありますが、最初は無料のGoogle Analyticsをおすすめします。 

ただし、高機能すぎるうえに機能追加もひんぱんに行われるので、すべての機能を使えなくても気にしないつもりで使うといいでしょう。

数字は結果です。気にし過ぎはいけない。大切なのは結果を未来へ生かすこと

Google Analyticsを見始めるとアクセス解析の数字ばかり気にする人がいます。たくさん読まれている記事に関連する記事ばかり増やしたり、流入元のアクセス数を増やすためにリンクを気にするようになったりします。 

アクセス解析の数字は過去の結果に過ぎません。そればかり気にしていては、読者ではなくてGoogleのための記事になってしまいます。あくまで読者のための役に立つブログにすることを留意し、読者が読んで面白く役に立つ記事を作成することを心がけましょう。
arrow_upward