どうすればブログをスラスラ書くことができるか?

ブログを書いていると、ネタに困ることがあります。これまでそんなに文章を書いたことがない、という人にとっては、書き続けるのが憂鬱になるかもしれません。でももっと気楽に文章が書けるようになるコツをご紹介します。

まずはネタ集め、曜日毎に記事の内容を決める

ブログを書くのにまず必要なのは材料です。ネタと言われるものです。


一人で書くケースと複数の人が担当になって書くケースがあります。各ケースでやり方が違います。

一人に人が発信する場合は、曜日毎に大まかな内容を決めておくと良いでしょう。例えば、

月曜日:地元の施設や店舗紹介

火曜日:地元のイベント紹介

木曜日:今までに不動産業で経験したこと(失敗例)

金曜日:あなたの不動産知識、不動産よもやま話

土曜日:不動産の得意な専門分野(相続、賃貸管理、売却で失敗しない方法)

などです。

上記の内容なら、複数のメンバーの場合でも振り分けてブログが発信できるはずです。それぞれのメンバーにはどういう方向で書いて欲しいのか、あらかじめ方向性を指示されていると書きやすいです。方向性は基本的になるべく業務に関係ある内容で決められているはずです。

まずは指示された方向性に沿ってブログの材料を集めましょう。無理にひねり出す必要はありません。普段の業務からネタになるようなものを集めましょう。

不動産の経験や専門的知識がない人が担当者の場合は、エリア内にある店舗の開店・閉店情報は情報も集めやすく書きやすい内容でしょう。

エピソード系はまずどんなエピソードがあるか、自分の経験を思い出したり、同僚にも聞いてエピソードを集めてみましょう。

いきなり書き出さない

材料が揃ったら、いきなり書き出さないのがコツです。書きなれないひとほどすぐに書き始めますが、それではかえって時間がかかります。

まずはポイントを箇条書きで書き出します。エピソードなら起きたことを時系列に書き出します。道具は使いやすいものを使いましょう。

デジタル派なら、テキストエディタやWordで箇条書きにします。

アナログ派なら、紙にペンで手書きしましょう。紙はノートでもいいですが、数行書ける大きさのフセンが便利です。

箇条書きの間を埋めていく

ポイントを書き終えたら、書く順序に並べます。このとき、フセンだと自由に並べ替えできるので便利です。

エディタやWordなら、行ごと並べ替えましょう。ポイントごとの間は空けておきます。順序が決まったら文章を書いていきます。ポイントを紙で書いていたら、このときにパソコンに入力します。

箇条書きのポイントの間をていねいな説明で埋めるようにすると書きやすいでしょう。そのために数行ずつ空けておきます。

ブログシステムで書き出してもいいですが、Wordやエディタで書いてからコピーしてブログに貼り付けてもいいでしょう。自分の使いやすい方でかまいません。

こうして材料を揃えてから書き出すと、途中でネタに詰まることがありません。

最初から面白い記事は書けない。読まれない。でも読まれる方法がある

ブログに最初から過大な期待は禁物です。誰も最初から面白い記事は書けません。あなたのことは誰も知りません。だから最初の数ヶ月は読まれません。

みんな同じ経験をしています。でも続けていると少しずつ読まれるようになります。そうです。物件情報などの商品は不動産を探していない興味がない人には閲覧されません。

でもブログはいつか読まれるようになります。読まれるようになるには、人それぞれですが、とにかく続けていれば必ず読まれるようになります。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward