もうブログのネタ切れに悩まない

最初は熱い気持ちブログを発信していたのに、最近は記事のネタがなくて困る。そんなネタ不足を解消する仕組みづくりを考えます。

自分の持っているネタだけでは不足している

ブログ作成チームの中でも、エピソード系の担当は「ネタがない!」と困ることが多いでしょう。業務でいろいろな現場を見ていても、ブログに書けるような面白い・役に立つ・特徴のあるようなエピソードはやはり少なく、どうしても自分の持っているネタだけでは不足してしまいます。

これまでも、いろいろな方法でネタ不足を解消する方法をご紹介しました。

社内のスタッフが持っているネタを使える仕組みがあるといい

しかし一番使えるのは、やはり実際のエピソードです。同僚の持っているエピソードを聞き出すことができれば、かなり役に立つはずです。

しかしお互いに忙しくてゆっくり話を聞く時間がとれなかったり、親しい人には聞けるけど普段からあまり話をしない人には聞きにくい、なんてこともあるはずです。

そこで、お互いに話をしなくてもネタを教えてもらえるシステムを作りましょう。現在は、ほとんどの会社に社内で情報を共有するシステムがあると思います。

そこに1つ共有フォルダを作り、手の空いたときにネタを提供してもらえばいいのです。あらかじめ、何かネタにできそうなものがあったらそこに書き込んでもらうよう、お願いしておきましょう。支

店や支社があれば、そこからも入力してもらえるようにしておくと理想的です。このやり方が上手くいけばネタ不足もかなり解消するはずです。

ネタを共有すると、他にも便利なことがある

ネタの共有フォルダを作っておき、誰からもアクセスできるようにしておけば、自分以外のメンバーでもブログの記事を作成できます。そうすれば、転勤、異動、入院など、何らかの事情で自分がブログ作成チームから抜けるときも、後任者が戸惑わずに済むはずです。

最終的にはブログ作成チームの各メンバー用にフォルダを作成し、ネタだけでなくブログ作成のマニュアルなども入れておけば、ブログ作成チームだけでなく全社的に役に立つはずです。

arrow_upward