ホームページが解約できないと嘆く社長、心配無用!

最近、ホームページの解約についてのご相談が相次ぎます。

「期間縛りがあってホームページシステムが解約できない」です。

でも私には良いアイデアが有ります。

ブログ中心のオウンドメディアサイトを立ち上げると決意したものの・・

これ以上、ポータルサイトに費用を払い続けたら会社が立ち行かなくなる。という社長様にお会いします。それも1人2人ではありません。かなりの人数です。

 

多くは、ブログをメインにしてオウンドメディアのホームページをスタートしたいと言います。たしかに、それに気づいたことがとても素晴らしいのですが・・・

今のホームページは期間縛りがあって解約できない? 解約しなきゃいいじゃん

ここで大きな障害が発生します。利用中のホームページに期間縛りがあって解約できないという問題です。

だいたいは2年縛りが多いようですが、リースなら5年の長期になります。2年、3年でインターネットはどんどん進行します。

 

でも解約しなくても良い方法が有ります。

今のホームページへオウンドメディア経由で顧客を誘導する

こんな提案はいかがでしょうか?

1、利用中のホームページは期間満了まで使い続ける。(最長でも1年半くらい)

2、新しいオウンドメディアサイトを経由して利用中のホームページへ集客する。

という方法です。それなら解約しなくてもよくなります。

 

でも、オウンドメディアサイトの料金が従来にプラスして更にかかるのでは?    と思いますよね。

 
大丈夫です。それは
利用中のホームページへオウンドメディアを経由して誘導する
利用中のホームページへオウンドメディアを経由して誘導する
利用中のホームページへオウンドメディアを経由して誘導する

ポータルの費用を月に3万円減らせば解決、縛り期間が満了したら解約

期間縛りがあるホームページシステムはポータルサイト連動が多いです。当初はその連動することが魅力的でした。

やがて、ポータルサイトは年々高騰して、費用対効果がなくなりました。賢い社長はポータルサイトよりオウンドメディアの価値と効果を理解しました。

オウンドメディアをはじめる目的の一つはポータルサイトの広告費削減も含まれています。

 

そうです。ポータルサイトの月額利用料を、オウンドメディアサイトの月額利用料分だけ減らせばいいだけです。

何もむずかしいことはありません。差し引きゼロ、” 行って来い ”にすればいいのです。

 

そして縛り期間が満了になったら今のホームページは解約して、利用していたドメインをオウンドメディアサイトへ移管すれば今までのホームページ利用料が経費削減になります。解約できないと悩むことなくホームページの解約期間が来るまで今のホームページを利用したまま、月額の負担額も変わることなくオウンドメディアサイトをスタートできます。

大切なのは、解約できないと後ろ向きになることがよくありません。一歩踏み出す勇気です。いつでもお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

お気軽にご相談ください

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward