ホームページはお店、ブログはセールスマン

不動産会社のホームページを作成するのがはやり出した頃は「ホームページが世界中からお客さんがやって来る」「ホームページはネット上のセールスマン」などと言われていました。本当でしょうか?

ホームページを作ればいいというものではない

ホームページを作っただけ、ホームページがあるだけではアクセスは増えません。だから集客はできません。

現在は不動産会社のホームページはネット上にあふれています。ブログ、フェイスブック、ツイッターなどのソーシャルメディアも入れると、無数のWebサイトがあります。

その中で、顧客に自社のホームページに気づいてもらい、アクセスを集めるのは容易ではありません。だからホームページ運営会社の安易な「集客できる」という売り言葉を信じてはいけません。

かつては「ホームページは最高の集客ツール」と言われていましたが、今ではそんな言葉はもう通用しない時代になっています。

ホームページがあれば営業はいらない?
ホームページがあれば営業はいらない?
ホームページがあれば営業はいらない?

ホームページでは集めたい顧客を狙って集めることができない


ホームページを見に来るユーザーはさまざまです。必ずしも自社の事業や売上に関係のない、いわば通りすがりのユーザーもたくさんいます。

しかしホームページを軸にして売上を上げるには、ホームページを作っただけでは、ポータルサイトなどを利用しても売上を上げることはできません。欲しいのは、自社の顧客となりうるユーザー、見込み客と言える自社ホームページなどに集めることです。見込み客や、そのターゲットとなる層のアクセスを狙って集められると理想的です。

ホームページと平行して集客を考えよう

ホームページを作っただけでは、アクセスは増えません。そのため、ホームページを作るときにはアクセスを集める方法も同時に考える必要があります。

自社の事業内容によって方法は変わりますが、ターゲット層のアクセスを長期間安定して集めるのは、とても難しいことです。集客には、Googleなどの検索サイトに広告を出したり、アナログなチラシを配布したりと、いろいろな方法があります。

しかし代表的なものは「狙ったキーワードで検索したとき、検索結果の上位に表示されること」です。自社ホームページにアクセスを集める方法の代表としては、ブログの設置があります。自社ホームページにブログを設置してターゲット層に向けた記事を書いていけば、そこにターゲット層のアクセスが集まります。

ブログに集まった顧客は、ホームページ内を巡回した。やがてファンになった。またブログからホームページの方にも流れていきます。そのため、不動産会社のホームページにはブログの設定がおすすめなのです。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

お悩みをお聞かせください

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
メルマガ購読(要メールアドレス)
arrow_upward