コロナ不況は売上より、利益優先で乗り切る

金融機関から借入をしているから返済をするために、とにかく売上を上げる。そのために広告にお金をバンバン払って経営を圧迫している。という経営をやっていると、これからも苦しい経営が続きます。今は銀行も金が余っているから融資は甘いようですが、いつまでもそういうことは続きません。

1年前の1回目の緊急事態宣言の際に借り入れた融資の返済が始まり、返済どころか再度借入しないと倒産しそうな商店や零細企業が増えていると言います。経営者は従業員の生活を守り、雇用を維持するために悩んでいます。

コロナ前より売上を増やすという考え方から

コロナ前より売上を増やす方法はあるか?

これはかなり難しいです。今は売上を増やすより、いかに定期的に入ってくる家賃管理や原状回復費、定期清掃などで小さば収入を得て、会社を維持しながら経営を安定させるやり方に集中することです。

従業員のマンパワーに依存していた営業や集客、事務作業はホームページやブログなどのネットやオンラインに任せ、仕組み化をして効率化を目指します。そうすれば会社に出社することなく自宅でも仕事ができます。それだけで交通費はカットできます。

売上を落としても、利益を増やす方法

これからの1、2年は売上を下げても、利益を上げる方法を模索しましょう。支払一覧をみれば一時的もしくは今後も不要な支出はいくつかあるはずです。

「1年も使っていない」「半年以上見ていない」などのモノを停止するだけで、12ヶ月分になれば、かなりの経費を減らすことができるはずです。減らした経費は即利益になります。

1つの項目が数千円であっても、數十件にもなれば大きな利益です。まずはやってみましょう。とにかく今を乗り切ることです。

3ヶ月間、広告費をゼロにしてみる

決定的に利益を上げる方法があります。それはポータルサイトなどへ支払っていた広告を停止することです。

まず、この広告を3ヶ月だけでも停止して見てください。おそらく、3ヶ月後は売上を減らすことなく、広告費3ヶ月分が大きな利益となって経営を安定させるはずです。

ドリームワンのお得意先の多くが集客をブログに任せ、コロナ以前から広告費を減らして利益を増やした会社がたくさんあります。そして世の中がコロナで大騒ぎしている中で、ほとんどコロナ の影響を受けることなく経営を安定させています。

これからはどのような世の中へ向かっていくは誰も分かりません。売上の大切さは分かりますが、それよりもいかに利益を確保するかという経営の方がいいはずです。まずは借金をしない経営をしませんか。

明日は今日より明るい日に!

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward