有名人より効果がある社長ブログ

インターネットの世界でも、有名人や影響力のある人物はいます。そういう人が登場するホームページやブログなどにはやはり多くのアクセスが集まっています。では、不動産会社のホームページは有名人がいないとアクセスは集められないのでしょうか?

有名人からのアクセスは一時的なもの

確かに、有名人が関係しているホームページはアクセスが増えます。有名人個人のファンからのアクセスもあります。また有名人が登場したことをニュースサイトなどで取り上げてくれるので、いろいろな人の目に触れるからです。

全国的な有名人だけでなく、地域限定のスポーツ選手やその地方独自の有名人もいます。地域で商売をしている会社なら、そういう人のインタビューでアクセスを集めたくなると思います。

しかし、そのアクセスは一時的なものです。その有名人が常にホームページに何か書いているならともかく、最初に1回のインタビューが載るだけでは、その時だけのアクセスで終わってしまいます。

では不動産会社のホームページに有名人は必要でしょうか? 大手フランチャイズに加盟している不動産会社はTVCMに登場するタレントの写真を使っているホームページがあります。このタレントを知っている方なら、「ああ、あのCMね」という程度です。

以前に比べて、有名人の写真を使っているからアクセスが増えるということはなくなってきました。

地域限定の不動産会社は、有名人からのアクセスは不要

地域限定で営業している不動産会社なら、自社の営業内容に関係のあるコンテンツを作成しましょう。営業用のホームページではなく、企業のイメージづくりのブログでも同じです。

たとえば不動産業界なら、地域の情報や、大家さん向けの税金・法令解説、お得な引っ越し方法、部屋のクリーニングの仕方など、本業に関連していて、しかもユーザー(読者)の役に立つ情報はたくさんあります。

社長が発信するブログが1番効果が高い

地域限定の不動産会社のホームページでは、有名人を起用して一時的に話題を集めるよりも、業務に関連した役に立つ情報を長期的に提供する方がアクセスを増やす(ホームページ集客)効果があります。

また、この方法なら費用もかからず、社内で作成することができます。

このやり方ではアクセスは少しずつしか増えません。しかし、息の長いファン(固定客・地域に不動産を所有する大家・地主)を掴むことができます。1年後のアクセスは、有名人を一時的に起用した場合よりも多くなっているでしょう。

一番効果が高い方法として、会社の社長が定期的に発信するブログです。最初は当然有名人ではありませんが、地域で社長自身が発信するブログは1年もあればかなりのアクセスを集めることができます。数年後は地域の有名人になります。

ブログが簡単に書けて、会社を有名にするホームページ集客アプリ「ドリームX」

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページの悩みを教えてください

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
メルマガ購読(要メールアドレス)
arrow_upward