Googleの評価方法を理解すれば、もっと早く集客できる

Google(A)は「ユーザーに良質なコンテンツはユーザーの満足度を高める(B)、だから良質なコンテンツを上位に表示させること(C)」という考えで成り立っています。

つまり、A=Bであり、B=Cである。ゆえに A=C であるという三段論法です。

Googleの検索評価の仕組み

Google(A)は不動産会社は顧客に良質なコンテンツを作成して配信すれば(B)不動産会社のコンテンツを上位表示する(C)ということです。

Googleはユーザーがコンテンツに興味を持ち、多くのユーザーに役立つコンテンツを上位表示しています。分かりやすく言うとたくさんの人にクリックされたコンテンツをGoogleは検索結果で上位表示します。


以前は、検索結果で上位表示を狙うために、相互リンクや外部からリンクを買うようなSEOが行われていました。

しかしGoogleは、そのようなSEO対策は消費者を欺く不正な行為として禁じるようになりました。

また、そのようなWebサイトを次々と摘発しています。

売り込むと嫌われる。だから見つけてもらう

売り込むほど嫌われる時代になりました。かと言って、指をくわえて何もしなければ誰もやって来ません。「嫌われずに、顧客がやって来る仕組み」が必要です。

どうしたら良いでしょうか? 顧客にキーワード検索で見つけてもらえば良いのです。

それにはGoogleが提唱する、良質なコンテンツをホームページ内に置いて、キーワード検索で見つけてもらうことです。

それは具体的には、どんな仕組みでしょうか?

ブログで良質なコンテンツを作ることができる

典型的なコンテンツとして代表的なものが「ブログ」です。「今更、ブログ?」と思うかもしれません。ブログはキーワード検索に強い最適なコンテンツです。

特に、ブログのタイトル(ヘッドライン)や見出しは、検索結果で上位を占領することを知らない方が多いです。FacebookやTwitterをメインにしていた人たちが、FacebookやTwitterは検索されないことが分かり、検索効果がないとやめた方が徐々にブログに戻っています。


ブログは検索結果として評価されると長くネット上で検索効果が続きます。そんなこともあり、最近は多くの不動産会社がブログをはじめています。

地域情報やあなたの経験・知識・専門性をブログで発信

とにかく、当初6ヶ月から1年はブログを書き続けてください。やがてキーワード検索されていることに気がつきます。

ブログの最後の1行にあなたのホームページやコンテンツページのリンクを貼っておきます。続けていると訪問者(セッション)や閲覧数(ページビュー)が徐々に増えることを実感できます。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
photo

ドリームワン会社概要

photo

ブログはあなたの片腕です

photo

不動産ブログ活用法

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

お問い合わせ

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
メルマガ購読(要メールアドレス)
arrow_upward