Googleに好かれるホームページが生き残る

Googleに評価されなくては検索結果に表示されず、自社のことを知ってもらうこともできません。そのため、インターネットを使って顧客を増やすこともできません。ではGoogleに評価されるWebサイトとはどのようなWebサイトなのでしょうか。

Googleに好かれるWebサイトとはどんなものか

「Googleが好むWebサイト」には、明確な基準があります。それは「ユーザーのためになるWebサイト」です。Googleはこのことを公式に表明しています。

Googleが「ユーザーのためになるWebサイト」を評価し、またGoogle自身もユーザーのためになるWebサイトであろうとしているのは、建前ではありません。「ユーザーのためになるWebサイト」を評価することは、Googleの利益になることなのです。

Googleの評価するWebサイトが「ユーザーのためになるものである」と知られていれば、ユーザーはGoogleを使うようになります。Googleが一般ユーザーによく使われるようになれば、Googleにはインターネット広告がより多く集まり、利益も集まるからです。

Googleに評価される要素とは

Googleは、Webサイトを評価する要素をはっきりと定義しています。それは「ウェブマスターガイドライン(https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja)」と呼ばれ、常に公開されています。SEO対策の基本は、まずこのガイドラインを守ることです。

次のような要素がとくに重要です。
・他のWebサイトのコピーではなく、オリジナルなコンテンツであること
・不正なリンクや不自然なリンクを使用していないこと
・どんな端末や回線で使用しているユーザーからも、環境を問わずに閲覧できること

不正な手段はすぐに見抜かれる

ガイドラインに反する手段でWebサイトの価値を高めようとする管理者もいます。とくに、有料のリンクを購入したり、隠しテキストや隠しリンクを貼るなどの手段を取る管理者は多くいました。

しかし、現在ではそのような手段はすぐにGoogleに見抜かれ、ペナルティを受けてしまいます。その結果、検索結果の順位が大幅に下がったり、そもそも検索結果に表示されなくなってしまったりします。

そうなっては、検索から見に来てくれる新規ユーザーを獲得することはできなくなります。そのような事態を防ぐため、やはりWebサイトはGoogleに好かれるようなものを作成する必要があるのです。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

社長ブログについてお気軽にご相談ください

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward