ブログをスラスラ書く方法3 - 見出しに忠実に記事を書く

ブログが書けないと言うご相談をいただきます。

ブログが書けないから続かない。

これほどブログを書けない人が多いということは、

ある意味チャンスでもあります。

ブログは書き続けてさえいれば、

ブログを経由してホームページへたくさんの見込み客を誘導できます。

 

ここでは、ブログをスラスラ書く方法をご紹介します。

このやり方を1ヶ月くらい続けるとブログがスラスラ書けるようになります。

さらにドリームXにはブログがスラスラ書ける機能が実装されています。

あなたの心の中にある「ブログで集客してやる」と言う熱い気持ちを燃やし続けてください。

1、タイトルを決める

まず、はじめにタイトルを決めます。

タイトルはブログの中で最も重要です。

ほとんどの人はタイトルを見て、記事を読むかどうかを決めます。

さらにタイトルはSEO対策上も重要です。

 

しかし、タイトルは最初に決めたから決定ではありません。

「仮タイトル」と言う気持ちでいいのです。

 

記事全体を書き終えたら、何度でもタイトルを見直すことが大切です。

キーワード検索を意識しながら、メモ帳やノートに何度も書いて見ましょう。

2、見出しを箇条書き

タイトルの次は「見出し」です。

記事が目立つように、閲覧者が読み疲れしないように3、4個の見出しを決めます。

 

「見出し」は書く内容を分かりやすく30字前後で手短んい紹介する文章が見出しです。

見出しはタイトルの次に重要です。

ここでも、タイトルと同じようにキーワード検索を意識して見出しを付けてください。

 

ただし、ブログは1記事1キーワードにするように書いてください。

見出しで記事内容が分散すると、記事としてまとまりがなくなり、読者が混乱してして、やがて読まれなくなります。

またSEO対策上もキーワードの力が弱くなります。

 

見出しもタイトル同様、後で変更をする柔軟な気持ちで見出しを付けましょう。

3、見出しに集中して記事を書く

いよいよ記事を書きます。

記事の内容は上記で決めた見出しに集中して書きます。

見出しから外れた記事を書くと、読者の興味が薄れてブログからの離脱します。

とにかく、脇目を振らずに見出しだけを意識して記事を書いてください。

 

見出しと記事は常に1セットです。

記事の内容が見出しとズレてきたら、記事を帰るより見出しを見直すことも良いでしょう。

4、リード文でブログをまとめる

最後は記事の概要「リード文」です。

このリード文も重要です。

Google検索ではdescription(ディスクリプション)と呼ばれ、キーワード検索でとても重要な紹介文がリード文です。

リード文は100字程度にまとめましょう。

 

5、ブログはどのようにして読まれるか?

ブログはどのようにして読まれるのでしょうか?

 

1、タイトルを読む

2、リード文で概要を把握する

3、見出しをひと通り目を通す

4、興味を持ったら記事を読む

 

上記の1、2、3が大切なのです

 

ドリームワンでは小さな不動産会社のブログ集客を応援しています

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ブログ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward