年間100万ページビューの不動産会社のホームページ運用法

年間100万ページビューになると会社はどうなるのでしょうか? 

反響、来店、成約はどのようになるのでしょうか? 

その会社は年間100万ページビューは何年で達成したのでしょうか? 

社長は毎日、何をしているのでしょうか? 


そして、どうしたら100万ページビューの不動産会社になれるのでしょうか?

年間100万ページビューを超えるとどうなるか?

年間100万ページビューのホームページを運営する社長様にお聞きしました。
  • 単純に毎月30組以上成約しています。(年間の成約数は約500件)
  • 毎日ブログを更新するだけで、勝手に大家さんや入居希望者がやってきます。
  • 特に大家さんが相談、来社されます。
  • 募集や管理、売買物件の受託、リフォーム、建築が増えます。
  • 年間を通して、集客や売上に困らなくなります。

ブログは読み手を特定して書いている

年間100万ページビューを超える会社は月間約10万ページビュー、日に3千ページビューという計算になります。資金に余裕がある不動産会社でも、どんなに広告費を掛けても物件情報だけで日に3千ページビューはむずかしいでしょう。

「ポータルサイトも使っていないし、ホームページに広告費もかけていない。15年間ブログを書き続けているだけで売上げも管理戸数も社員数も3倍以上になった」

年間100万ページビューの社長様はいつも謙虚です。社員は自社ホームページに物件を登録する。社長は大家さんの頭を抱えている姿を思い浮かべならブログを書くだけと言います。

ホームページ作業が上手に分担しています。

地元の小さな不動産会社の社長が書くブログは親しみがあり、「最後は社長が何とかしてくれる」(実際に何とかするのは従業員でも)と強いメッセージを送ることができます。

1年続けば効果が分かる。毎日書けば必ず成功する、理由?成果があるまで書く訳だから

「毎朝、ブログを書く」と決めてひたすら書き続けたブログ記事はいつの間にかGoogle検索引き出しにたくさん保管されるようになりました。

その会社も実際に反響が鈴なりになるまで3年以上かかりました。3年が経ち、4年目にブレイクしたホームページからのお問い合わせと来店、そして成約の嵐でした。

そうなると何が何だか、分からず、てんやわんやの毎日。やがて、ブログが自社ホームページへの導火線となっていることが判明。

そして不動産を所有する大家さんが読む。

悩みを抱えたお付き合いのない大家さんや地主さんが相談に来る。地方から、お部屋を探す入居希望者がブログ経由でホームページを見てやってくる。

「毎日、ブログを書く社長の会社は安心」が入居希望者やお付き合いのなかった大家さんに伝わる。

次々と大家さんとお客様がやってくる。ホームページが年間50万ページビューを超えたあたりから地域で知名度抜群な不動産会社になりました。

ブログを書いて、ホームページに物件を登録するだけで自然にお客様が来店する会社になっていました。

ビジネスの場合3年目で効果が出ると言われるブログです。でもやり方次第で1年位で効果があることも。

でも、ほとんどの方が3ヶ月で挫折します。だから4ヶ月続けると「ブログはイイかも」に変わります。そうなったらシメタものです。効果は続けた人にしか味わえないのです。

11年毎日ブログを書き続けたら年間100万PV。毎月30組成約、管理物件3000戸に

この会社が月間100万ページビューに到達するまで、11年かかりました。それまで社長様は11年間毎日ブログを書き続けました。そして地域1番の有名店と管理戸数を獲得しました。

「ドリームXがクラウドから新しいシステムに変わった途端、アクセス数が一気に増えた。それからページビューがグングン増えて、面白いように集客できるようになった」と社長様は語ってくださいました。


お得意様へのアンケート調査で分かったことですが。
ホームページののページビューとお問い合わせ数はほぼ比例しています。

年間100万ページビューなら月に100組。年間10万ページビューなら月に1〜3組(月に1万ページビュー)の反響です。

おおよそ、そんな結果です。月に1万ページビューはチョッとの努力で到達します。

何よりスゴイのが、その後お金(広告費)を使わなくてもブログを書き続けるだけで反響がやってくるからたまりません。だから、反響を増やしたかったら、ブログが1番です。

小さな不動産会社の社長や社員の方から「ブログでホームページ集客できますか?」と質問されます。「成果が出るまで、諦めなければ必ず成功します」

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

新型コロナウイルスのアンケートにご協力ください

INQUIRY
コロナの影響がある
必須
必須
必須
必須
必須
必須
arrow_upward