ホームページ訪問者を増やすか? ページビューを増やすか?

ホームページ運営は飲食店経営に似ています。飲食店の売上は「客数×単価」で決まります。ホームページ運営の場合は?

訪問者を増やすのは死ぬほどむずかしい

インターネットの専門用語でホームページ訪問者のことをセッションと言います。

Googleアナリティクスなどを見ると「訪問者(セッション)」×「クリック」=ページビュー(PV)となります。私たちが通常PVと言っているのは、訪問者がクリックした数の合計です。この合計を月毎に算出したのが月間PVです。

つまり、月間PV=セッション(訪問者)×クリック×月日数 です。

 

マクドナルドなどの店舗の売上に似ています。

来店客(訪問者)×単価×月日数=月売上 です。

 

「な〜んだ、じゃあPVを増やすには訪問者を増やせばいい」と思うでしょう。でもこの訪問者を増やすことが死ぬほどむずかしいのです。

特にホームページで成果を上げるために、地域や客の悩みや問題に合わせて読者ターゲットを絞り込んでいます。できる限り広告費を使わずにやりたいですし。

 

ではどうしたら良いでしょうか? 

訪問者にホームページ内を回遊させ、複数のコンテンツをクリックさせる

ホームページの解析に「直帰率」と言う言葉があります。ホームページ訪問者が最初に訪れたページだけで他のページをクリックせずに離脱したことを言います。Googleアナリティクスでこの「直帰率」が表記されています。

せっかくの訪問です。他のページや複数のコンテンツをクリックして欲しいですね。そうすればページビューが増えます。そして上記の直帰率も下がります。この直帰率はGoogleは評価の対象にしてます。

 

ここでもう一つ、覚えて欲しいのが「滞在時間」です。直帰率が下がって、ホームページ内の他のコンテンツを見てもらうことで、ホームページ内の滞在時間が増えます。この滞在時間も直帰率同様Googleの評価の対象です。

他のコンテンツをクリックしてもらえば、滞在時間が増えて直帰率が下がり、ページビューが増える。だからGoogleがSEOOでホームページを評価する。とても良くできていて分かりやすいですね。

ホームページ内を回遊させ、たくさんクリックさせる工夫を

ホームページ訪問者にホームページ内を回遊してもらい、複数のコンテンツをクリックしてもらう工夫にしましょう。ではそのためにはどうしたら良いでしょうか?

 

■物件紹介は大手不動産会社のホームページが参考になります。

それは1つの物件を「トップページ」「物件概要」「設備」「周辺環境」「アクセス」などのページに分割して詳細に紹介することです。ページビューが増えてGoogleから評価されやすくなります。それ以上に物件の価値が上がり、売主や大家さんから喜ばれ成約率も上がります。

実はドリームXの物件紹介もこの仕組みになっています。

 

■ブログの場合

ブログはカテゴリー、タグ、月毎に記事をまとめます。読者がきになるカテゴリーやタグをクリックして読みます。自然にページビューが増えます。

 

以上のようにしてページビューを増やす工夫があります。ぜひやってみて下さい。一気にページビューが増えてGoogleが評価します。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問してインターネットを活用した自社ホームページ集客 成功の法則を見つけました。ドリームワンは小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」と集客のノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。この手法を活用すれば、一人社長の不動産店でも地元で知名度1番のホームページの運営が可能になります。ドリームワンは小さな不動産店でもホームページで知名度を上げるノウハウを蓄積してきました。ドリームX導入して6か月以上で導入会社が8割以上が月間3千ページビュー(PV)を達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するブログが好評です。ホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はドリームXを活用してブログ集客することをお勧めします。ドリームXは1週間無料で体験できます。ホームページ運営が楽しくなる操作や使い勝手の良さに驚いていただけるはずです。お気軽にお試しください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

社長ブログについてお気軽にご相談ください

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward