テレビCMで流れるポータルサイトのターゲットは誰だ?

なぜポータルサイトのテレビCMは「お部屋探しなら〇〇で」と言うのか

ポータルサイトのテレビCMを見ていると「お部屋探しなら〇〇へ」「物件が豊富な〇〇へ」と言っています。

なぜかポータルサイトのテレビCMは時代遅れのような違和感を感じます。

お客は物件より不動産会社を探しているのに

ポータルサイトがテレビCMでターゲットにするお客は入居者・購入者だと思っていました。近頃のCMを見ているとそれは間違いだと気付きました。入居者・購入者は物件より、不動産会社探しが大切だと感じているからです。

だから、地元で真面目にコツコツ頑張っている不動産会社を紹介するポータルサイトがあれば入居者・購入者にニーズに合っていると感じます。

なのにポータルサイトのテレビCMは物件紹介がメインになっています。そういう視線でCM見ると、TVCMで流れるポータルサイトのターゲットは「不動産会社」なんですね。

ポータルサイト運営会社のテレビCMは、不動産会社の出稿が目的だったということが分かります。

 

驚くかも知れませんが本当です。だってポータルサイトの収入源は不動産会社からの出稿料(広告費)で成り立っている訳ですから。

信頼できるスタッフがいる安心な不動産屋を自力で紹介する

お客が探すのは信頼できる真面目なスタッフがいる安心な不動産会社です。

そんなポータルサイトが登場すれば、不動産探しをするお客に喜ばれそうな気がします。

 

ただし信頼のモノサシ、安心の基準を広告スペースや表示順に表すことはむずかしいですね。不動産会社の日頃の行動を判断するのが一番かもしれません。

例えば不動産会社のブログ集「フドブロ」のようなモノです。

お客は「総合不動産」より「強みが明確な専門店」を求めている

あなたの地域のデパートが良い例です。重厚な自動ドアを抜けると、そこには地元のほとんどの人にはあまり関係ない「高級化粧品」や「ブランドショップ」「宝石店」と黒いスーツを着た冷たそうな女性店員が暇を持て余して立っています。

せめて入り口付近にいるのだから「いらっしゃいませ」の一言があってもイイと思うのですが、私は言われたことがありません。こんな私に言いたくない気持ちは分かりますが、その店員は「あなたはデパートの客であっても、お店(1階のお店)の客ではない」と思っているからです。今どきのデパートは何か勘違いしています。

デパートの閉店ラッシュが止まらない理由はこんなところかもしれません。

それなら、1階をレストラン街や人気のラーメン屋、たこ焼き、たい焼き屋にして欲しいくらいです。(そう思うのは私だけかも。無理でしょうが)

 

・賃貸管理に強い不動産会社

・相続に強い不動産会社

・飲食店舗に強い不動産会社

・新規開業向けオフィスに強い不動産会社

やり方はいろいろあります。

なかなか商売が上手く行かない不動産会社は専門店で乗り越えましょう。小さな不動産会社は人件費や家賃などが少ないのが強みなのですから。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。小さな不動産会社が地域で1番の有名店になれるホームページ運営を支援しています。ドリームワンは6年間かけて小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるためのノウハウを提供して、SEOに効く新しいスタイルのホームページを開発・サポートをしています。お得意様の多くは零細店です。その多くが地元で知名度1番店、先頭集団に入っています。ドリームワンはホームページで知名度を上げるノウハウを持っています。ドリームX活用6か月以上の導入会社の81%が月間3千ページビュー(PV)以上のホームページを運営しています。ドリームワン中野が発行する導入会社限定メルマガ『月間3千PV達成フォローアップ』が好評です。お気軽にご相談ください。

ホームページについて相談をしたい

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
メルマガ購読(要メールアドレス)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward