Googleの評価基準7 内部リンクの充実

SEOについて「Googleはリンクを重視する」と言う場合、ほとんどが外部リンクの話をしています。

しかしGoogleは、同じくらい内部リンクを重視しています。

内部リンクとは何か

内部リンクとは、自社のホームページ内で貼られているリンクです。つまり、リンクを貼っているページも、貼られているページも自社のWebサイト内のページなのが内部リンクです。

内部リンクは、ホームページ内の順路を示したり、おすすめの記事や関連記事など、他にも読んで欲しい記事を紹介したりするために使われています。ホームページ全体のサイトマップも内部リンクの1つです。

例1:内部リンク「ドリームX導入ブログ集フドブロ」 ↓

https://dreamone.co.jp/fudo_blog/

なぜ内部リンクの充実が評価されるのか

内部リンクを充実させると、ユーザーにはホームページ全体の構造がわかりやすくなり、次に読むべきページがはっきりします。つまり、ユーザーがホームページの内容を理解しやすくなるのです。

そのため、

・わかりやすい内部リンク、

・使いやすい内部リンク、

ユーザーに適切な記事を勧める内部リンクのあるホームページは、Googleに高く評価されます。

例2:内部リンク「導入事例」↓

https://dreamone.co.jp/case/

どのように内部リンクを張ればいいのか

基本的な内部リンクには、次のようなものがあります。

・新着記事
・人気の記事
・関連記事

これはすべて貼ればいいというものではありません。自社のホームページに必要なもの、ユーザーが使いやすくなるだろうと思うものを厳選して作成することをおすすめします。

内部リンクを自動的に作成するツールもありますが、無料ではないうえに、作成できる内部リンクはパターンに当てはまるものだけです。

上にあるような基本的な内部リンクは、慣れてしまえば、自力で簡単にリンクを貼ることができます。ツールは必要ありません。

また、Googleに高く評価されやすいのは「記事の内容に合わせて、記事の中に貼られている内部リンク」です。これは、内容をよく知っている人間が手作業で作成するしかありません。

記事を作成するときには、あらかじめ関連記事をピックアップしておき、記事の内容に合わせて文章の中に内部リンクを混ぜていきましょう。

そうすることで、ユーザーが記事の内容を理解しやすくなり、またGoogleに高く評価される記事にすることができます。

例3:内部リンク ↓

ブログで集客する不動産集客ソフト「ドリームX」はこちら

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward