Googleの評価基準8 ブログのタイトル

何か文章を書かなくてはいけないとき、記事の中身を懸命書いても、タイトルは「○○について」「○○の変化と展望」などでごまかしていませんか?

ホームページやブログの記事にふさわしいタイトルを考えましょう。

検索したユーザーが最初に目にするのはタイトル

そのWebサイトやブログを直接訪れるユーザーは別ですが、多くのユーザーは検索結果の一覧から読む記事を選んでいます。そのとき、何を基準にして選ぶでしょう?

検索結果に表示されたタイトルを見て「面白そう」「役に立ちそう」と思った記事を読みにくるはずです。

ホームページやブログでは、記事のタイトルは記事の中身と同じくらい重要です。

ユーザーの目を引くタイトルであること

良いタイトルは次のような条件を満たしています。

・インパクトがあり、読みたくなる、オリジナルなタイトルであること
・想定したキーワードを含み、何の話題かがわかりやすいこと
・内容に合っていること
・長すぎず、短すぎないこと

一番難しいのは、最初の「インパクトがあり、読みたくなる、オリジナルなタイトルであること」です。

最初からこのような理想的なタイトルはつけられません。最初のうちは「読みたくなる、オリジナルなタイトルであること」を目指しましょう。

インパクトのあるタイトルを目指すと、内容と合わなくなったり、極端になったりするからです。大手ニュースサイトの記事のタイトルを見ると、参考になります。

「長すぎず、短すぎないこと」というのは、検索結果の表示に関係しています。短すぎると何の話題かわかりません。しかし、長すぎると検索結果ページでタイトル全文が見えなくなってしまい、やはり何の話題かわからなくなるのです。

30文字程度、長くても38文字程度のタイトルが推奨されています。

Googleもタイトルを評価している

良いタイトルはユーザーを集めることができるので、SEO上の効果があります。Googleも記事のタイトルを評価基準の1つにしています。

 

タイトルは、『記事の内容を端的に表している』と考えられるからです。

とくに

「想定したキーワードを含み、何の話題かがわかりやすいこと」という条件では、
タイトルの最初にキーワードを入れると、そのキーワードでの順位アップに効果的とされています。

キーワードを最初に入れることが難しければ、とりあえずユーザーを引き付けるタイトルをつけることを目指しましょう。Googleの評価はその後からついてくるものです。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward