いくらタイトルが良くても、本文と一致していないとダメ

記事を書くときには、まずタイトルから考えるという人も多いと思います。

それぞれの書きやすい方法でよいのですが、この方法には1つ弱点があります。

記事の最初にタイトルを書くとどうなるか

記事の本文を書く前にタイトルを書くと、タイトルと本文がズレてくることがあります。本文を書いていると、もともとはそのように書くつもりではなかったところまで筆が滑ったりするのです。

記事のタイトルは、ユーザーを集めるための看板です。つまりユーザーは、タイトルはその記事の本文を表しており、本文がタイトルに見合ったものであることを期待しています。

本文がタイトルに見合ったものであるとは、タイトルと記事の本文にズレや誤りがないということです。これでは、タイトルを見て記事を読みに来たユーザーを満足させることはできません。

タイトルと本文のズレをなくすためにはどうすればよいか

ズレをなくすためには、2つの方法があります。

最後にタイトルを見直す
本文を書き終わったら、すでに書いたタイトルを見直して、本文に合うようにタイトルを調整します。

タイトルは最後に書いてもいいでしょう。

そうすることで、タイトルと本文のズレを修正します。

・本文の流れをあらかじめ決めておく

本文を書く前に、本文の流れを決めておきます。箇条書きで見出しを書く程度も構いません。そうすることで、全体の流れが決まります。

そして、それに合わせてタイトルを考えます。簡単なのに効果的な方法ですが、案外やっている人が少ないのです。

Googleもタイトルと本文の整合性を見ている

タイトルを見てやってきたユーザーが不満なままWebサイトを離脱すると、検索結果の順位も下がっていきます。そのため、タイトルと本文のズレはSEO上の問題があります。

またGoogleはタイトルと本文が合っているかどうかを判断しています。タイトルと本文が合っていなければ、そのWebサイトに対する評価は低くなります。

このように、タイトルは記事全体に影響を及ぼす重要なものです。タイトルをつけるときにはいろいろな方向から注意して、時間をかけて考えましょう。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward