キーワードって何?どうしてそんなに重要なの?

ホームページやブログの記事を書くためのキーワードには、2つの意味があります。記事を書くときのキーワードと、訪問者が検索するときのキーワードです。

キーワードとは何か

「記事を書くときのキーワード」とは、その記事の中心、テーマ(主題)になるものです。記事を書いていれば自然にキーワードが定まると思っている人もいますが、そうではありません。

通常は、ヘッダー部分のメタキーワードタグで指定することが多いです。(専門的でちょっと難しいですが、最近はこのメタキーワードタグにGoogleはあまり重要視していませんので、心配はいりません)

ブログでも、キーワードを指定する項目があり、そこにキーワードを書けばメタキーワードに変換してくれます。その場所にキーワードを記入すれば、Googleが「これが記事のキーワード」としてが認識してくれます。

しかし今では以前のようには、メタキーワードをGoogleは重要視していません。Googleの検索ロボットが記事全体を熟読して、記事内のワードを解析しています。

なので、書き手が無理やり?、メタキーワードを特定しても、記事の内容が伴っていなければ、反対にGoogleの検索ロボットを欺(あざむ)いている行為になると判断されるからです。

一方で「訪問者が検索するときのキーワード」とは、文字通り、ユーザーがGoogleの検索窓に打ち込んで検索に使うキーワードです。訪問者によっては、キーワードというより文章になっていることもあります。

どのようなキーワードが効果的なのか

「訪問者が検索するときのキーワード」が自社のホームページやブログの「記事を書くときのキーワード」と一致すれば、検索結果の一覧に表示される可能性が高くなります。

そのため、記事を書くときには「多くのユーザーが検索しそうなキーワード」を「記事を書くときのキーワード」に選び、そのキーワードについての忠実な記事を書けば、その記事がユーザーの目に触れる機会が多くなります。ただし、キーワードには、大きなものと小さなものがあります。

たとえば「ダイエット」「新宿 レストラン」など、誰でも思いつき、非常に検索結果の多いキーワードは「大きなキーワード」と呼ばれ、すでに多くの記事が書かれています。

不動産会社の場合も、ひと頃いわれたのが「地名  不動産」「駅名  賃貸」なども大きなキーワードです。それ以上に、このような大きなキーワードで検索するのは同業者が多く、一般のユーザーのためのホームページ集客という意味では大きな役割がなくなりました。

だから、SEO会社の脅しのような『「地名  不動産」「駅名  賃貸」で上位表示させます』と誘惑されても、その手に乗り必要はありません。さらに、上位表示って1位?、それとも1ページ? 上位表示という曖昧な言葉に惑わされてはいけません。

このように、キーワードも時代の流れで変化しています。その中で上位表示を狙うのはかなり難しいです。

それに比べて検索件数の少ないキーワードは「小さなキーワード」と呼ばれ、上位表示も比較的簡単です。キーワードは単数ではなく、いくつかのキーワードを組み合わせて指定できます。

そのため、大きなキーワードにいくつかのキーワードを組み合わせて絞り込み、上位表示を狙うこともあります。

キーワードはどうやって見つけるのか

自社のアピール用のホームページやブログなら、業務に関する内容に触れることが多いでしょう。業務に関するキーワードなら、比較的競争は少なめで、詳しい内容のある記事も書けます。

その中でも、よりユーザーの訪問者に合い、競争相手の少ないキーワードを探して記事を書くと、上位表示を狙うことができます。

結論を言うと、不動産会社が発信する記事のメタキーワードを意識するより、訪問者が検索すると予測されるキーワードを意識しながら文章にキーワードを散りばめて記事を書くことが重要です。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward