Vol.33 ホームページ集客は、どのようにキーワードを組み合わせればいいのか

キーワードを組み合わせると検索上位を狙いやすくなります。しかし、どのようなキーワードを選び、組み合わせればいいのかわからないという人も多いでしょう。キーワードの組み合わせを探すには、いろいろな方法があります。

関連する言葉を組み合わせる

もっとも簡単なのは、関連する言葉を組み合わせることです。

知らない分野のことを書くときには、いろいろ調べる必要があります。しかし、業務で会社のオウンドメディアを作成する場合は、あらかじめ知っているジャンルについて書くことになります。

たとえば、仕事の資料やこれまでの報告書などをひっくり返すと、関連する言葉がたくさん見つかるはずです。どのように組み合わせるのが自然なのかもわかるでしょう。

ただし、業界用語ではプロしか検索できないキーワードになってしまいます。素人目線でのキーワードが欲しいときは、お客様の言葉を参考にしましょう。とくにお客様からの質問は、キーワードの宝庫です。

Googleで重要なキーワードを検索してみる

Googleを使うだけでも、無料でいろいろなキーワードを見つけることができます。

Googleでキーワードを1つ検索してみましょう。検索結果画面の下の方に、キーワードの組み合わせがいくつも出てきます。これは、ユーザーが多く検索している言葉の組み合わせです。

ここを参考にすれば、ユーザーにとって興味のあるキーワードを使った記事を書くことができます。

キーワードプランナー、キーワードツールを使ってみる

Google広告には、キーワードを探すツールがあります。

1)キーワードプランナー(https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/)

・キーワードプランナーの使い方(https://seolaboratory.jp/1517/)

2)キーワードツール(https://keywordtool.io/)

・キーワードツールの使い方(https://www.kousoku-tool.com/entry/2018/10/15/224513)


キーワードプランナーは、Googleの検索結果に広告を出すサービス「Google広告」に含まれるツールですが、有料広告を利用しなくても、ユーザー登録するだけでこのツールを使うことができます。

このツールがあれば、1つのキーワードに対して、どのようなキーワードの組み合わせがあるか、どの程度検索されているのかなどがわかります。そのキーワードがユーザーを集めるために有効かどうかがわかるツールです。

企業でオウンドメディアを作成するのなら、Googleに広告を出さなくても、このツールを使ってみましょう。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward