Vol.34 ブログは質が大事なの?量が大事なの?

ブログを活用するオウンドメディアによるコンテンツマーケティングでは、コンテンツを蓄積して資産にすることが重要と言われます。しかし、Googleに評価されるには質の高いコンテンツが必要とも言われます。コンテンツの質と量、どちらが正しいのでしょうか?

コンテンツは量?

オウンドメディアとして人を集めるには、ある程度の数の記事が必要です。

いくら面白くて役に立つWebサイトでも、記事が1つか2つではリピーターを獲得できません。ある程度の数の記事を揃えてこそ、読み応えのあるWebサイトとしての評価を得られるのです。

しかし、記事を増やすのには時間がかかります。複数のスタッフで記事を作成していても、数日で何十もの記事を揃えることは難しいでしょう。

コンテンツは質?

質の悪いコンテンツでは、いったん検索上位に表示されても、せっかく来たユーザーがすぐに帰ってしまいます。リピーターを獲得することもできません。

他のWebサイトのコピーは論外です。コピーでなくても、他のWebサイトと同じような内容では、リピーターにはなってもらえません。

文章があまりに読みにくくても、ユーザーは途中で帰ってしまいます。

一度訪問したユーザーにリピーターになってもらうには、なるべくオリジナルで、読みやすく、なおかつユーザーの役に立つコンテンツが必要です。

コンテンツの質は、内容だけではありません。

Webサイトがごちゃごちゃして見づらい、どのように見て回ればいいのかわからないなど、デザインやサイト構成のクオリティが低くても、リピーターを増やすことはできません。

質と量、どちらも重要

このように、コンテンツマーケティングには、コンテンツの質と量の両方が重要になります。

しかし、質と量を揃えるには、時間がかかります。初期の記事はやはりクオリティが低く、ぎこちなく読みにくいこともありますが、あとになるほど、書き慣れて読みやすく面白い記事になります。また、時間がたてばコンテンツの量も増えてきます。

コンテンツにより集客し、利益が出始めるのは、コンテンツの質と量が出揃ってからのことです。そのため、コンテンツマーケティングは時間がかかるのです。しかし、作成に時間を掛けただけ、その効果も長く続きます。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward