ホームページで集客したいなら、まず自分から情報を発信しよう

キレイなホームページやブログを作って、売り込みの強い物件紹介をする不動産会社が多い。しかし、それではネット上にチラシをバラまいているだけです。

お客さんが欲しいのは、困っていることや悩んでいることを解決してくれる信頼できる不動産会社と出会うことです。

人を集めるには、自分から情報を発信すること

単純ですが、集客には自分から情報を発信して見つけてもらうことが一丁目一番地です。

ポータルサイトなどを利用する、広告キャンペーンは短期的に集客効果がありますが、キャンペーン(広告)が終了したら効果はなくなってしまいます。また、広告をするたびに費用(広告費)がかかるため、ひんぱんに行うわけにはいきません。

しかし見込客への情報発信の場合は細く長く続けることができます。しかも社内でブログを作成するなら、コストが少なくて済むのも大きなメリットです。

役立つ情報を発信することが、顧客化への第一歩

自分から情報発信すれば、定期的に読みに来てくれるファンがつきます。このファンの中から、ロイヤリティーの高い得意客が生まれます。それは本来業務の売上向上につながります。

また継続的に役立つコンテンツを発信することで、会社に良いイメージを作ることができ、なんとなく良いイメージをもってくれる潜在的顧客を獲得することもできます。もちろん、ブログの内容は直接取引のある同業者や取引先との話のネタにもなります。

ブログで情報を発信することが、ネット集客で効果が高い

ブログで情報を発信していれば、会ったことのない見込客から相談されたり、問い合わせが入ります。

そうやってネット上で交友関係が広がっていくことで、自社のブログの存在が広まっていきます。ホームページやブログを経由して見込客が増えれば、記事や役立つ情報が多くの人の目に触れることになります。それは、ホームページ上での営業活動にもなります。

また同業者や隣接する業界関係者からのコメントは、自社の知見を増やしたり、新たな業務範囲の拡大につながったりもします。ブログで情報を発信することが自然に営業活動になって、会社自体をより大きな場所へ連れて行くことになるのです。
この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward